iPhone7sでイヤホンジャックは復活するのか

iPhone7からイヤホンジャックが廃止されたことは既にご存じだと思います。未だにiPhone6を使っているという方だと知らなかったという方もおられるかもしれませんが、iPhone7sでイヤホンジャックが復活するのではという噂もあります。果たしてどうなのでしょうか?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 > iPhone7sでイヤホンジャックは復活するのか

スマホに必須のイヤホンジャック

イヤホンジャックというのは文字通りイヤホンを挿し込むためのジャックです。イヤホンのプラグをこのジャックに挿し込むことでiPhoneの音をイヤホンから聴くことができるのです。iPhoneはもちろん現在のスマホにイヤホンジャックは絶対的に必要なものですし、イヤホンジャックがないスマホなどありません。

外出するときは必ず音楽を聴いているという方は大勢おられると思いますが、音楽を聴くためにわざわざポータブルプレーヤーなどを持ち歩く方は少なくなっています。iPhoneなどスマホがあれば十分ですし、iPhoneで音楽を聴くためにはイヤホンが必要です。イヤホンを使うためにはイヤホンジャックが必要なのですが、iPhone7からは通常のイヤホンジャックが廃止されてしまいました。

防水性を高めた結果の産物

iPhone7でイヤホンジャックが廃止されたと言ってもイヤホンが使えないわけではありません。専用の接続プラグを用いることでイヤホンを使えますし、直接イヤホンのプラグを差し込めないというだけのことです。では、どうしてそのようなことになってしまったかということですが、これはiPhoneの防水性を高めたが故です。

iPhoneは7になって防水機能が備わりました。他キャリアのスマホでは既に防水性に優れた機種も数多くリリースされていましたが、iPhoneに防水機能はなかったのです。しかし、iPhone7になってやっと防水機能が備わるようになり、水の侵入を許してしまうイヤホンジャックが廃止されたのです。そのため、イヤホンを利用するには専用の接続プラグをまず装着しそこにイヤホンを挿し込むことになります。

復活は恐らくないと予想

そのままイヤホンを装着できないことからイヤホンジャックの復活を望む声が多いのも事実ですし、iPhone7sで復活するのではないかという声もありますが、現実的にはないと考えられます。先ほどもお話したようにイヤホンジャックの廃止は防水性を高めたが故のことですし、今さら防水性を犠牲にしてイヤホンジャックを復活させることは考えづらいでしょう。

iPhone7sでは防水性はもちろん防塵機能も備わると言われていますし、もしそれが本当だとするとイヤホンジャックが復活する可能性は非常に低いです。もちろん、今後より技術が進歩し通常のイヤホンジャックでも十分な防水性能を発揮できるようになれば話は変わってきますが、現時点では難しいのではないでしょうか。

iPhone7sでイヤホンジャックが復活するということはまずありえないことだと思います。もちろん、アップルから公式発表があったわけではないため断言することはできませんが、防水性を高めるためにはイヤホンジャックの廃止はマストですし、7sでわざわざもとに戻すことは考えづらいのです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ