仕事でも活躍?iPhone7sのプロジェクター機能

最新型のiPhoneにはさまざまな機能が搭載されていますが、プロジェクターもその一つです。iOS端末をそのまま直接接続したり、ネットワーク経由で接続することでプロジェクターからiPhoneの画面を投影することができます。最新のiPhone7sにおいてもいろいろな方法でプロジェクターとして使えると予想しますので覚えておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sのプロジェクター機能とは?

iPhoneに接続して使えるモバイルプロジェクターを持つことによって、使う場所を選ばずホームシアターを使うことができます。そのモバイルプロジェクターにも様々なものがあります。ポケットに収まるほど薄型で使いやすいものもあれば、iPhoneのカバーがプロジェクターになっているものもあります。種類も豊富ですし、自分の使いやすいものを選ぶことができるでしょう。ワイヤレスでつなぐことができるプロジェクターもありますので、ビジネスシーンにおいても大いに活躍すると考えられます。

iPhoneにおすすめのモバイルプロジェクターとはどんなものがある?

iPhoneにつないで使うことができるモバイルプロジェクターはさまざまなものがあります。モバイルプロジェクターのなかには、「EZAPOR ミニプロジェクター HDP200」のような手のひらサイズのものもありますし、MiracastやAirplayミラ-リング機能にも対応にも対応しています。ほかにも、iPhoneケース型モバイルDLPプロジェクター Lightning – Digital AVアダプタ付き」のように、iPhoneをケースに挿入するだけで、どこでも大画面で投影できるプロジェクターになります。これは、アダプターにつないだりする必要もなく、iPhoneをケースに入れるだけですので簡単に使用できます。

iPhone7sにおけるプロジェクター機能を引き出す機器の選び方

iPhoneは、既存のプロジェクターとケーブルなどを使うことによって接続できますが、手軽に使うことができるのであれば、小型iPhone対応のプロジェクターを利用するとよいでしょう。その大きさやデザインばかりが注目されやすいですが、選び方にはポイントがあります。まず、iPhone7sで使用するモバイルプロジェクター選びのポイントは、投影する明るさです。明るさ調節ができないと、周囲の壁などの光が邪魔になりはっきり見えなくなります。また、内臓バッテリーの容量も大変重要で、ビジネスシーンで使うのであれば東映時間が長いものが良いでしょう。また、モバイルプロジェクターの接続方法はHDMIポートによる接続やワイヤレス接続がありますが、iPhone7sのiOSが対応しているかチェックしましょう。

iPhoneにはモバイルプロジェクターなどとつないで使うことができるプロジェクター機能があります。そのため、ビジネスシーンなどでも大いに活躍することでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ