仕事にも使えるiPhone7sのマルチタスク機能

iPhoneにはたくさんの機能があり、今後発売が予定されているiPhone7sにもそれは同様です。そのなかで、ビジネスに使える機能としてマルチタスクが挙げられます。特に最近ではiOS10になっていますのでその機能も向上しており、ビジネスに使う人も増加しています。iPhone7sにおけるマルチタスクの機能について知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sにも搭載されるマルチタスク機能とは?

マルチタスクはAppを素早く切り替えたり、Appを再開したりすることができます。そして、再開するときはその状態から作業をすることができる機能です。iPhone7sについても同様ですが、このマルチタスク機能を作用することでバッテリー消費量が上がるということもありません。マルチタスク機能のメリットとしては、時間のかかるダウンロードなどをしているとき、そのiPhoneを使って他のタスクを行うことができるので、マルチタスクの機能が充実しています。マルチタスク機能というのは、簡単に言うとアプリケーションの切り替えのことです。

マルチタスク機能の操作方法について

iPhone7sにおけるマルチタスク機能の使い方は難しくはありません。まずはホームボタンを2回連続で押します。そして、現在起動しているアプリケーションのサムネイルが表示されますので、それを左右にスワイプすると起動中のアプリケーションが表示されます。そして画面の切り替え、すなわちマルチタスク機能を起動して、利用したいアプリケーションのサムネイルを押すと、選択したアプリケーションの画面に切り替わります。マルチタスク機能を終了すると、ホーム画面に戻ります。ですので、マルチタスク機能は簡単に立ち上げたり終了したりすることができます。

iPhoneのマルチタスク機能をビジネスに使うとは?

マルチタスク機能を使えば、どこに何のキーがあるのか簡単にわかります。そのため、使いたい項目を一瞬でわかることができますし、ダウンロードなどの時間がかかるタスクをしている際に、他のことをすることができるので時間を有益に使うことができます。そして、何かビジネスタスクをしている際に、調べ物が発生したら、すぐさま調べることもできます。そのため、ビジネスシーンでも活躍している機能です。iPhone7sについても、よりマルチタスクが充実するのではないか、と思われていますので、活用するとよいでしょう。

iPhoneのマルチタスク機能は、特にiOS 10くらいから充実しており、最近ではビジネスシーンにも使用されています。iPhone7sにおいてもそれは同様であると考えられており、特に多数の画面を切り替えることができるという特性を生かして、ダウンロードなど負荷のかかる作業をしているときに、別の作業をすることができたりします。また、不要なアプリケーションなどをすぐさま削除できるなど便利な機能です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ