iPhone7sに使われる液晶サイズは?

発売が待ち遠しいiPhone7s。機能面での充実も強く望まれるところですが、何よりもまず、液晶の大きさが気になるところですよね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

まずは過去シリーズと比較してみよう

発売が待ち遠しいiPhone7s。機能面での充実も強く望まれるところですが、何よりもまず、液晶の大きさが気になるところですよね。

過去シリーズを振り返ってみると、モデルが新しくなるごとに画面のサイズが大きくなる傾向が読み取れます。iPhone6では路線変更をはかったのかサイズが幾分縮小されましたが、最新シリーズのiPhone7ではふたたび画面の拡大化が見られます。厚さのほうでも比べてみると、iPhone5から7まで多少全体的に厚くなる傾向にあるものの、概ね7mm程度を維持しており、次回作のiPhone7sでも「薄さ路線」を継承するものと予測されます。

初期のiPhoneシリーズと比較すると1mmほど厚くなっていますが、より多機能で便利になった証でもあるのでユーザーとしてはうれしいかぎりですよね。

iPhone7が多少厚くなった理由

それまで軽さと薄さを売りにしていたiPhoneシリーズが7において多少厚くなったのにはもちろん理由があります。Appleとしても、できることなら初期シリーズの薄さを維持したかったはずです。にもかかわらずiPhone7でその方針を大胆に転換したのは、日本国内でのニーズに対応すべく多機能化路線に舵を切ったためだと分析することができます。

iPhoneは過去シリーズにおいて、おサイフケータイや指紋認証システムなど、日本独自に発展した機能に対応しておらず、そのことが「iPhoneは使いにくい」と言われる要因にもなっていました。そうしたユーザーの声を受け、iPhone7ではついにおサイフケータイ機能を搭載し、最新作のiPhone7sでは指紋認証や顔認証システムにも対応するのではないかと期待されています。よりたくさんの機能を詰め込むため、つまりユーザーの利便性をよりいっそう向上させるために、iPhoneは少しずつ厚くなったのです。

薄さ、それとも画面の大きさ?iPhone7sは何を基準に選ぶべき?

画面が見やすくてポケットに入れやすいサイズのiPhoneがユーザーにとっては最高ですが、残念ながらこのふたつは二律背反の関係にあります。液晶サイズが大きくなれば当然重量のほうもある程度は増えるわけで、「ポケットにぴったりおさまる」という条件を満たすことは相当に難しくなります。

事実、軽量化路線からの転換をはかったiPhone7シリーズは「ポケットに入れにくい」というユーザーの声が多く寄せられたといいます。通勤途中や家事の合間に操作するにはやはり、薄くて軽い端末が便利ということですね。

これらのニーズをふまえ、最新シリーズでは従来の軽量化路線に回帰しつつ、おサイフケータイなどの機能も充実させたサイズに落ち着くだろうと予測することができます。

液晶サイズや厚さの面で見ると、iPhone5から6をひとつの転換点として分析することが可能です。iPhone6ではそれまでの軽量化路線をいったん見直し、画面の見やすさや多機能化に重点を置いた設計が進められてきました。ユーザーの利便性を向上させる方向性は今後も継続すると見られ、最新型のiPhone7sでは顔認証システムなど、さらに便利な機能が数多く搭載されると予測されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ