iPhone7sのアプリ開発は順調?

iPhoneは皆に愛されているスマートフォンです。そんな中でも、ひときわ数が多いのがアプリの数でしょう。Androidと異なり、iPhoneはiアプリと呼ばれるアプリが主流です。ここでは、どんな種類のアプリがあるのか、iPhoneで利用できるアプリについて詳しくご紹介していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのアプリ開発はswift

swiftという言葉を聴いたことがある人は、少ないかもしれません。アプリの開発に携わっている人にはいわずと知れた言葉かもしれません。

今まで、iPhoneのアプリは、Objective-Cと呼ばれる言語で作られていました。かの有名なスティーブ・ジョブズが愛用したとされるアプリで有名ですね。一方で、2014年を境に、Appleはswiftよばれる新しい言語を開発しており、今後iPhoneのアプリ開発はこの言語を主力として行っていくということを表明しています。

これからのiPhone7sについても、方針が変わらない限り、新しく採用されたswiftが主流になっていくと考えられます。

iPhone7sのアプリ開発はswiftだとどう変わるのか

アプリ開発において、簡潔さと分量が少なくて済むということは、非常に大切なことです。swiftを新しく使っていくことによって、今までのobjective-cと比較すると格段に分量が減りました。ソースコードを.swift一本で書くことができ、従来のように.hと.mに分かれていないことが大きな特徴であるようです。

また、前後で明らかに型が推測できる場合には、型をわざわざ書かなくても行えるため、大変使い勝手がよくなっています。このほかにも、ifやwhileなどの後の括弧や区切りのセミコロンなども必要ないために、大変シンプルな表現となっていることが特徴です。

iPhoneのアプリ開発は発展するのか

もともと新しい文化を取り入れることに貪欲なApple社ですから、開発におけるこうした懸念はまず払拭できると思ってよいでしょう。なにより、かなりプログラミング人口も多くなってきているほか、無料でも開発しやすいように、開発ツールやそれを補完するツールなどがかなり多く出てきているところに目を見張ります。こうしたものを有効活用しながら、さらに高機能でさまざまなことができるアプリが登場してくるのは間違いないでしょう。今後は、iPhone7sをより快適に使用できるようなアプリも続々と登場してくるかもしれません。

アプリときくと、使うのが専門という人はかなり多くいらっしゃるでしょう。しかし、その中でもしっかりとアプリを学び、つくるというのは、実はそこまでハードルが高いものではありません。非常に親切なツール群が待っていますから、是非iPhone7sに先駆けて試しにアプリ開発をしてみてください。案外、かゆいところに手が届くアプリは自分自身が開発できるかもしれませんよ。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ