iPhone7sでライト機能は使えるの?

iPhoneには、LEDフラッシュライト機能が搭載されています。写真撮影はもちろんのこと普通のライトとしても使うことができるため、便利です。特に災害時などいざというときにも明かりをつけることができますので、今現在利用していない人でも利用の方法について知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのLEDフラッシュライトとはどんな機能?

iPhoneにおけるLEDフラッシュライトとは、写真撮影などに使用されておりライトをつけるという機能です。今後発売が予定されているiPhone7sについても同様に搭載されると予測されています。明るいLEDライトをつけることができるだけでなく、最新のiOSでは、明るさ調整をすることもできます。そのため、懐中電灯代わりに手軽に使うことができます。深夜の帰宅で鍵穴を探したり、車に物を落としたりなどちょっとした明かりがいるときに重宝します。加えて、災害時には懐中電灯の役目も果たします。このように使用目的が多いのが、iPhoneのLEDフラッシュライトの特徴です。

iPhone7sで使いたい、LEDフラッシュランプ

iPhoneのカメラ横にレンズがあり、そこのライトが光ることでLEDライトが光ります。LEDライトを使うにはまずiPhoneの画面が暗い状態からホームボタンを押します。iPhoneの画面を下から上へとスワイプし、コントロールセンターを開きます。コントロールセンターの左下の懐中電灯マークを押すとライトが点灯します。逆にライトを消す場合は、コントロールセンターの左下にある懐中電灯マークをもう一度押すだけですので、非常時でも簡単に使うことができます。簡単につけられる割には強めの明かりであることが特徴です。

iPhone7sにおけるLEDフラッシュライトの使い方と注意点

iPhoneに搭載されているLEDフラッシュライトは比較的簡単に使うことができます。しかしながら、明るさを調整することはiPhoneに標準搭載されている機能ではできません。しかしながら、AppleStoreでライトと検索すると出てくる「懐中電灯」というアプリケーションを使用することで、明るさを調整できます。
さらに、端末自体で明るさを調整する方法もあります。これは、3D touchを使用します。コントロールセンターのライトボタンを強めに押すと、明るい、普通、暗いといった三段階でライトの明るさの調整が行えます。万が一ライトが付かない場合は、カメラ機能が起動していないので再起動してみるのも一つの方法です。さらに、注意点としてはこの機能はバッテリーをかなり消費するということです。ですので、充電を十分にしておき、必要なときに絞って使いましょう。

iPhone7sにも搭載されると思うLEDフラッシュライトは簡単に操作でき、非常時にも役立つ機能です。アプリを使ったり、3Dtouchを使ったりすることで明るさ調整もすることもできます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ