iPhone7sに搭載が期待されるワイヤレス充電が見送られる可能性は?

2017年に発売が予定されている、iPhone7sの機能の一つとしてワイヤレス充電が搭載されるかもしれないという噂だけはありましたが、ここにきて見送られる可能性がでてきたようです。ただ、ワイヤレス充電モジュール(複合部品)については、関係筋からの情報によると、Foxconnグループである鴻海精密工場で、試作品製作を進めているとのことなのですが・・・。

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ワイヤレス充電採用の見送りはコストが原因?

Nikkei Asian Reviewによると、次期iPhoneモデルであるiPhone7sへのワイヤレス充電の搭載の実現は、foxconnの満足する歩留まり率、つまりコストをいかに低くできるか、そしていかにそのコスト内で、いかに良い商品を完成させることができるか、ということにかかっているとの、関係筋のコメントを報じています。

また、現在試作中のワイヤレス充電モジュールが、2017年発売が予定されている、iPhone7sに搭載されることになるか否かについては、はっきりとした証言が得られなかったようです。Nikkei Asian Review は、Apple社や鴻海にこの件について問い合わせをしてみたが、これらについてもどちらからもはっきりとした回答を得ることはできなかったと報じました。

Androidスマートフォンには完全に遅れをとっていた、おサイフケータイ化もようやく採用され始めたところで、ワイヤレス充電の機能にも期待がかかっていただけに、とても残念な情報となってしまいました。すでにAndroidスマートフォンではワイヤレス充電の採用がなされているところもありますし、結局のところiPhoneの技術は、スマートフォンをまた追いかけるかたちとなってしまったようです。

ワイヤレス充電を見送るだけでなく、名称もiPhone7sではなくなる?

ワイヤレス充電だけでなく、2017年発売が予定されているiPhone7sが、iPhone7sという名称の使用はしないのではないかもしれない、との噂も流れてきました。

例年通りのナンバリング方式から想定すると、2017年のiPhoneはiPhone7sでならなければならないはずです。しかし、前回発売されている、iPhone7はiPhone6sのモデルとは、それほど大きな変化がありませんでしたし、また2017年というのは、iPhoneにとってiPhone発売10周年というプレミアムな年であることからしても、iPhone7sのモデルにはせず、iPhone8になる可能性が高いのではないかと言われてきました。ところが、Nikkei Asian Reviewの報じた情報によりますと、新たに全くの別名称になる可能性も出てきました。

このままナンバリングを継続していけば、番号がどんどん拡大化していくばかりとなってしまいます。せっかくのこのプレミアムな記念すべきタイミングである2017年に、思い切って新しい名称に変更をしてしまうのもいいかもしれません。
XPERIAもZシリーズ、Xシリーズとシリーズの変更をしていますし、iPhoneもこの機会に新たなシリーズの登場を期待したいところです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ