iPhone7sとAirPodsとステレオスピーカーと防水性能について!

2017年はiPhone発売から10周年を記念したプレミアムイヤーです。次期iPhoneとうわさのiPhone7sについては、これまでにもさまざまなうわさがありました。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sとAirPodsとステレオスピーカーと防水性能について!

iPhone7sに「AirPods」が同梱されるってほんとう?

大手投手会社のJPモルガンのアナリストが最近出したレポートによると、有線イヤホンの「EarPods」を廃止して、iPhone7sにはワイヤレスイヤホンである「AirPods」を同梱するのではないかとのことです。これはイヤホンジャックの廃止されたiPhone7が発表される以前から、うわさが流れていましたが、今まで実現されることはありませんでした。

「AirPods」とは、今すごい人気の商品ですよね。昨年12月に発売されてから未だに6週間の出荷待ちが消えないくらい、品薄状態なんだそうです。そんな「AirPods」をあえてiPhone7sに同梱するという発想自体、噓くさい感じがしませんか。Appie製品の情報について、定評のある大手のニュースサイトである9to5Macもそれについては、否定的な見解を示しているいるようです。
それが実現すればユーザーにとっては、とても喜ばしい話しではありますけど。

iPhone7sの発売が9月に間に合わない?

プレミアムモデルとうわさのiPhone7sですが、例年通りであれば、9月に発売されるのが妥当なところなのですが、製造に技術的な問題点が多く指摘されていて、どうやら9月の発売には間に合わないだろうとの観測がなされているようです。

その原因としてあげられているのは、Touch IDセンサーの内蔵ディスプレイや3Dセンサーの製造の問題が発生しているからとのこと。KGI証券のアナリストであるお馴染みのMing-Chi Cuo氏の分析によると、iPhone7sの画面・新型プロセッサ・3D Touchセンサー・3Dセンサー内蔵カメラに問題があるため、開発や製造が遅れているとのことのようです。Ming-Chi Cuo氏の分析や予測は比較的正確であるとの定評がありますので、この分析についても信用度は高いと思われますよね。

以上のことから、iPhone7sの9月発売に関しては、絶望的な見方もできますね。ではどれくらい遅れるのかといいますと、これもMing-Chi Cuo氏の観測ですが、iPhone7sの量産開始時期は10~11月。例年に比べると2ヶ月程度の遅延ということになりますでしょうか。ただしこの件に関しては、例年通り9月に発表はあるが、入手するのが困難な状態になるかもしれないという説と、9月発表で10~11月発売という説もあります。いずれにせよ、9月には何かしらの発表があるかもしれませんね。

iPhone7sの受話口強化で、ステレオスピーカーや防水性能もアップ?

JPモルガンのアナリストのレポートの情報で、iPhone7sの受話口が強化されるかもしれないとの予測もなされているようです。どのように強化されるのか具体的なことはわかりませんが、もしそれが事実であれば、受話口を強化することで、音量や音質の向上が期待できるかもしれません。そして受話口は、浸水の経路となりやすい場所でもあります。受話口の防水を強化すれば、防水性能についてもこれまでのiPhoneよりさらに機能アップすることが可能となるかもしれませんね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ