ワイヤレスで情報を共有できるAirDrop機能とは?

AirDrop機能とは、写真やWebサイトなどをiPhone同士で簡単に共有できる機能のこと。このページでは、iPhone7でも使用できると予想されるAirDrop機能について解説していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ワイヤレスで情報を簡単にシェア

AirDropを使用する場合は、まず自身のデバイスがAirDrop機能に対応しているかを確認することが大切です。iPhone5以降、iPad第4世代以降、iPod touch第5世代以降の端末が対象端末です。くわえて、Wi-FiおよびBluetooth通信もオンになっているかを確認しましょう。具体的な機能の使い方は、以下のとおりです。

まず、デバイスのホーム画面で下端から上へスワイプし、コントロールセンターを起動します。その項目にある“AirDrop”のコマンドをタップすると、機能をオフにする“オフ”、情報共有を連絡先に登録されている人とだけ行う“連絡先のみ”、情報共有をすべての同デバイスと行う“すべての人”といった項目が表示されます。そこから目的のコマンドを選択し、写真や連絡先、Webサイトといった情報を共有していきましょう。

たとえば写真を共有したい場合、まず共有したい画像をタップします。そこで“共有”のコマンドをタップし、表示された対象ユーザーの名前またはデバイスの名前を選択します。指定されたユーザーのデバイスには、共有を受け入れるか辞退するかといったメッセージが表示されるので、相手がそれを受け入れれば写真がシェアされます。

情報のシェアがもっと手軽に

いかがでしたか。AirDrop機能を使えば、写真やWebサイトのシェアがより手軽なものになります。これから発表されるであろうiPhone7でも、こうした機能の性能はさらに上昇するのではないでしょうか。iPhone7の発表・リリースが待ち遠しいですね。

カフェでの様子

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ