指紋認識センサーはiPhone7sに標準搭載? 

iPhoneに搭載されている指紋認識センサーは大変優秀であり、iPhone5sシリーズから標準搭載されています。TouchIDと言われるそのシステムは従来のスライドロック式やパスワード認証式に代わるものです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

指紋認識センサーはいつからiPhoneに搭載されている?

iPhoneに搭載されている指紋認識センサーはTouchIDという名前で、iPhone5sシリーズに新たに搭載されたことで注目されています。特に、iPhone6シリーズになると、登録できる指紋も5つであり、認証速度がかなり早くなりました。一瞬ロック画面が見えるだけで、認証するとすぐに画面が作動する、一見指紋認証を使っているかどうかもわからない速さになっています。

それだけでなく、iPhone6シリーズに搭載されている指紋認識センサーは読み取り精度の高さも特筆すべきです。普通に使用していると、エラーになることはほとんどありません。しかも、端末を持っていても机の上においていても使用しやすいところにセンサーがついていますので、スマートフォンのなかでもiPhoneに搭載されている指紋認識センサーTouchIDは優れている機能だと言えます。

iPhone7sシリーズに指紋認識センサーは搭載される?

この、iPhoneに搭載されている指紋認識センサーTouchIDは、iPhone5シリーズ以降標準搭載されており、特にiPhone6sからはより機能が進化したともいわれています。さらに、最近では、指紋がクラウド上に格納されず、外部からのアクセスも遮断するなど機能性も向上しています。

そのため、2017年秋に発売が予測されているiPhone7sシリーズについても、この指紋認識センサーTouchIDが標準搭載されているとみて間違いはないでしょう。機能性も向上していますし、認証速度も速いためより使用しやすくなると予想されています。

iPhoneに搭載されている指紋認識センサーはどうやって使うの?

iPhone7sに搭載されている指紋認識センサーの使い方は、極めて簡単です。パスワード入力やスライド式ロック解除に代わる機能でより安心して使うことができます。使用するためにはまずそれぞれの指紋を登録しなければなりません。指紋登録のためには、ホームボタンの上に親指かそれ以外の指を数回置いて読み取ります。このシステムには高精度の読み取り分析機能がついていますので、どんなアングルからでも正式に指紋を読み取ることができます。

もちろん、この機能を使わずに従来のパスワード入力機能なども使えますし、手袋をしたり手を怪我したりしたときのためにそういった機能を残してありますので安心です。今後使用者が増えていくでしょう。

iPhone7sシリーズにおいても、iPhoneに搭載されている指紋認識センサーTouchIDは標準搭載されていると予測されます。そして、その便利さやセキュリティの高さが特徴であり、使用者はより増えていくでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ