iphone7の電波問題について

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iphone7での電波干渉の防止策について

アップル社はiphone7では電波干渉防止策として新しい金属素材を使用する可能性があります。2014年に特許取得したといわれるアルマイト金属素材を使うことによって電波干渉を防止できるということです。

この結果、外装の表面にあったプラスティック製のラインがなくなり、全面金属製の外装になりそうです。iphoneの電波干渉はiphone4の時に大きな問題となり現在の形になったと言われていて新素材を使用することで外装の色やデザインが画期的に変わることになりそうです。

iphone7での電波のつながりやすさについて

iphone7での電波のつながりやすさは、各キャリアともに日々改善していて、端末の機能向上と一体となって、iphone6sよりもよりつながりやすくなる可能性があります。各キャリアの電波の主流はLTEとなっていて、特に都市部ではLTEによる電波の改善を各キャリアが積極的に行っています。

LTEはデータ通信用なのですが、最近はVoLTEというデータ通信に音声を載せる技術によりより電波がつながりやすく感じます。それでも繁華街では多くの人が同時に電波を利用しようとしていますのでつながりにくいといったケースもあります。そのような場合には、最新技術のLTEを使用しないという選択肢もあります。LTE回線の使用をオフにすると、3G通信を使用することになりますが、それでも通信速度が最大14Mbps程度出ますので、比較的空いている3G通信を利用するというのも試してみても良いかもしれません。

新聞たち

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ