いつ使えばいいの? デフォルトアプリ“コンパス”の活用術

iPhoneのデフォルトアプリのなかには、コンパスアプリがあります。このページでは、iPhone7でも継続して利用できると予想されるコンパスアプリの概要や使い方について解説していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

概要と活用方法を知っておこう

iPhoneのデフォルトアプリのひとつである“コンパス”は、方向や緯度・経度を調べることができるアプリです。方位磁石として使用するのはもちろんのこと、地面や建物の傾きを確認することができる水準器としての機能も搭載されています。アプリの使い方を、以下で紹介します。

最初に、iPhoneのホーム画面から”コンパス”を起動し、位置情報の使用を許可します。これで、アプリ上に現在地の緯度経度が表示されるようになります。コンパスアプリの画面下部に表示されている座標を選択すると、現在地をマップで確認することができます。

水準器を表示する場合は、コンパスの画面を左にスワイプするだけでOKです。
この水準器機能は、机や椅子などといった道具の傾きを調べるのに活用することができます。iPhoneを机や椅子など水平になっているかどうか確認したいものの上に置けば、表示された数値から傾きをみることができます。傾きが0°になると画面が緑色になるので、「画面が緑色になるまで道具を動かし、傾きを調節する」と考えるとわかりやすいでしょう。

意外と知られていない便利機能

いかがでしたか。コンパスアプリは、普段なかなか使う機会がないものの、使いこなせればさまざまな場面で活躍するアプリです。iPhone7では、この機能もさらに快適に使いやすくなっているのではないでしょうか。iPhone7の登場が待ち遠しいところです。

iphoneグッズ

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ