iPhone7sに搭載予定の虹彩認証の役割は、ロック解除だけではない?

iPhone7の後継機と噂されるiPhone7sやiPhone8には、現在iPhone7で利用されている指紋認証システムに変わり、虹彩認証システムが採用されるのではないか、或いは指紋認証システムは、虹彩認証システムと併用されるのではないか、と噂されています。どちらの噂でも虹彩認証システムはiPhone7sやiPhone8で採用されるようですが、これは現在の指紋認証システムの不備を補い、よりセキュリティ効果をアップさせるという狙いがあるといわれています。


確かに現在iPhone7で利用されている指紋認証システムは、パスコードを入れる必要がなく、指の指紋ひとつでiPhone7のロックが解除できるという非常に便利なシステムとして、多くのiPhoneユーザーに絶賛されました。しかし、実際に指紋認証システムが稼働してみると、手袋をしている場合や、手荒れやハンドクリームなどの影響でiPhoneのロックが解除できない点が発覚し、操作性の悪さが指摘されてしまいました。また、第三者にメールを盗み見られる方法があるなどの理由で、指紋認証に対するセキュリティの信用度も落ちてしまったこともあり、次世代のiPhone7sにはそれらの問題を克服するシステムが必要になりました。


そういった意味でも、iPhone7sなど新世代iPhoneでは虹彩認証システムを搭載し、よりセキュリティを強化する必要があります。しかし、iPhone7sの虹彩認証システムは、単に「iPhone7sのロックを解除して、操作できるようにする」という役割だけではない、様々な役割を期待されています。一体、iPhone7sに搭載されると噂の虹彩認証システムには、ロック解除以外にどのような役割が期待出来るのでしょう?


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sに搭載予定の虹彩認証の役割は、ロック解除だけではない?

iPhone7sに搭載されると噂の虹彩認証システムで期待される役割 その1:虹彩認証システムを使った決済機能

iPhone7sで採用されると噂の虹彩認証システムは、インターネットを利用した様々な取引の決済機能として利用される可能性があります。現在iPhoneやiPadは、ネットバンキングを使った送金や着金の確認、株やFX取引、ネットショップでの買い物に利用されることが多い傾向にあります。今後更にネット環境が整備され、様々な取引に利用される場合は、クレジットカード情報や必要な個人情報をiPhone7sなどに登録しておくと、虹彩認証システムの個人認証とマッチングして利用することができる可能性があります。

現在日本で普及している「おサイフケータイ」のように、あらかじめ自分の銀行口座と虹彩認証システムを紐づけることで、商品を購入する際はiPhone7sに目を向けるだけで支払いが完了する、といったことも可能かもしれません。海外旅行や多額の現金が必要なときも、このようなシステムがあると便利ですね。

iPhone7sに搭載されると噂の虹彩認証システムで期待される役割 その2:IDカードなどの個人情報の共有

先ほどの話と被る部分もありますが、住所や氏名、年齢など個人情報に係る情報と、虹彩認証システムが融合することは、様々な用途が期待出来ます。たとえば、ホテルに宿泊予約をする場合は、通常必要事項や個人情報を入力し、カード番号を入力して予約することになります。しかし、iPhone7sの虹彩認証システムと銀行口座を含む個人情報が共有できれば、宿泊したいホテルを選び、後はiPhone7sを見るだけで認証が完了しますので、これだけで予約を完了することが可能になります。また、何かの申込や住所変更などがiPhone7sなどで可能になれば、いちいち申請用紙に記載する手間も不要になります。

但し、便利なことは便利ではありますが、個人情報の流出やシステム障害による何らかの不利益などが予測されますし、悪意を持つ第三者に転用される可能性もゼロではありません。今後のiPhone7sでの虹彩認証システムの広がりを、注意深く見守る必要がありそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ