iphone7の各キャリアの電波比較をしてみます

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iphone7の電波キャリア比較

iphone6sの仕様による電波対応はiphone6からはLTE対応として700MHzのBand12と800MHzのBand27が増えていますが、この周波数は日本国内では使用しておりませんのでiphone6時代のLTE対応から変わっていません。

iphone6sの各社の電波資産としては、ドコモはトリプルLTEと呼ばれる800MHz、1.8GHz、2.1GHzの3つの周波数を使ってLTE対応をしています。auは700MHz、800MHz、2.1GHzの3つの周波数を使ってLTE対応をしており、iphone6からは2.5GhzのTD-LTEを使ったWimax2+として対応しています。

ソフトバンクは900MHz、1.8GHz、2.1GHzの3つの周波数を使ってLTE対応をしており、2.5GhzのAXGPとして電波を出していて各社の電波比較をしても同じような状況となっています。

ソフトバンクのiphone7電波対応
ソフトバンクではiphone7ように次世代のLTE対応としてLTE-Advancedの導入を検討してくる可能性があります。

LTE-AdvancedとはキャリアアグリケーションやMINOなどを使用した高速化やHetNetなどを使用した都市部での混雑解消技術で、中でもLTE-Advanced TDDは車で移動中でも4K動画が快適に使えるということで楽しみな技術です。

スマホ模型

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ