AirDropで個人情報がバレることを防ぐ! その設定方法とは?

近くの友人と写真のシェアを行えるAirDropですが、設定次第では周囲の他人に個人情報が漏れてしまうことがあります。このページでは、個人情報の漏れを防ぐ設定の変更方法を紹介します。iPhone7に興味がある方も、参考にしてみてください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

設定変更で親しい友人にだけ情報公開

友人からAirDrop経由で写真や動画を送ってもらうために自身のAirDropをオンにしていると、データを送信する友人のiPhone画面には自身のiPhoneの端末名、アイコン画像が表示されます。このとき、AirDropの設定次第によっては、自身の端末名やアイコン画像が周囲の他人の送信先に表示される場合もあります。

人によっては、このように知らない相手のiPhoneに自分の端末情報が表示されてしまうと不快に感じてしまうことも。そのため、自身の情報が他人に表示されないようにしておくと安心です。

設定の変更手順は簡単です。まずホーム画面を下から上に向けてスワイプし、コントロールセンターを表示します。次にミュージックの下にあるAirDropをタップし、公開範囲を“すべての人”から“連絡先のみ”に変更します。これにより、自身のiPhoneに登録されていない連絡先には、情報を表示しないようにすることができます。

また、他人のiPhoneに表示される自身の端末名を変更したい場合は、設定にて変更することができます。設定から一般をタップし、次に情報をタップします。すると一番上に“名前”という項目が表示されます。これをタップすると、名前の編集が行えます。

安全・快適にAirDropを使おう

このように設定さえ変更すれば、赤の他人に個人情報を漏らすことなくAirDropを楽しめるようになります。iPhone7では、さらに機能が追加されているかもしれませんね。iPhone7でもAirDropを使う予定の方は、ぜひ覚えておきましょう。

成人式のような女の子

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ