iPhone7sの保護フィルムに強化ガラスはある?

iPhone7sを購入して最初に迷うアクセサリー選びが保護フィルムではないでしょうか。フィルムごとの性能の差がわかりにくいことから、とくにこだわらずに目についたものを選んでいる、というユーザーも少なくないようです。けれど実際には、保護フィルム選びでiPhoneの寿命がきまるとまで言われており、フィルムごとの加工特性を把握することによって大切なiPhone7sが脆弱にも、頑丈にもなるのです。ここでの解説を見れば、保護フィルム選びの大切さがおわかりいただけると思います。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

豊富なバリエーションからあなただけの保護フィルムを選ぶ

保護フィルムとガラスフィルム。いずれもiPhone7sを安全かつ快適に使いこなすうえで欠かせない保護アクセサリーであり、一見すると同じようにも思えますが、実はこのふたつには機能面において決定的な違いがあるのです。第一に、素材が違います。通称PETと呼ばれる、ポリプロピレンテレフタレートを原材料にしている保護フィルムの強みは薄さであり、ほぼ無色透明のため画面操作のしやすさに影響を与えない点が評価されています。それに対し、ガラスが原材料となっているガラスフィルムは暑さの分だけ耐久性があり、落下などによる衝撃にもびくともしないメリットがあります。保護フィルムよりも貼りつけやすく、そのうえ気泡が入りにくいためiPhoneビギナーでも手軽にフィルムを交換することができます。保護フィルムのほうが価格の面では手頃で、どんな種類の端末にも対応しているという利点があります。一方のガラスフィルムは高いものでは1万円弱とリーズナブルとは言えませんが、その分だけ安定した耐久性を誇り、割れやすいiPhone7sの液晶画面をしっかりとカバーしてくれます。

衝撃吸収だけじゃない!保護フィルムの便利なオプション加工

ガラスフィルムにしても保護フィルムにしても、単に耐久性のみに着目して選ぶのはもったいないと言わざるを得ません。保護フィルムでは常識となりつつあるのがブルーライトカット加工です。メガネにも応用され、iPhoneやPCから絶えず発せられるブルーライトという特殊な光を50%以上遮ることができ、長い時間ゲームや動画を楽しんでも目に負担がかからない効果があります。通勤や通学の途中にiPhone7sを安心して使いたいという人には覗き見防止加工が必須です。画面を正面から見た時はとくに何も変わりませんが、少し角度をつけた状態では画面が黒く見えるように加工されています。加工の強いフィルムでは画面の見え方が多少暗くなるものの、目に負担がかかることはなく、画面の操作感ももちろん損なわれません。

保護フィルムはアクセサリー選びの基本です。iPhone7sの耐久性や操作感に直接影響する要素のため、端末購入前から情報を集め、性能を最大限に発揮できるフィルムを選びましょう。衝撃吸収加工は当たり前として、ブルーライトカットや覗き見防止など、ユーザビリティをより向上させるオプション加工にも着目し、ライフスタイルに合ったガラスフィルムを選びましょう。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ