「iPhone8」のワイヤレス充電器は同梱されない?年末に発売か

iPhone8にはワイヤレス充電機能搭載となる可能性が大きいのですが、リーク情報ではより高速充電が可能なUSB-Cタイプのアダプタが同梱される形に落ち着きそうです。ワイヤレス充電器に関する詳細をお話します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8に搭載されると目されているワイヤレス充電サプライ

ワイヤレス充電機能がiPhoneに搭載され始めたのはiPhone4ですから、当然のごとくiPhone8にも継続されるはずと多くの人が考えるのは当然です。実際Apple内でもいくつもの動きがあった事が報告されています。その1つはQi関連機関に団体登録したという事実ですがではワイヤレス充電サプライはQiで決定かと思いきや、より遠距離充電が可能なWattUpとの提携劇やWi-Fiを利用した独自開発のために、1000人以上の研究者が世界から集められたというリーク情報が流れるなど、発売日を目前に控えたこの時期におよんでも事態は混沌としている状態です。有力情報としてサプライの絞り込みがなされており少なくとも3つだけ候補があがっているとも言われています。先頃発表があったモバイルOSのios11.1がiPhone8に搭載される見込みとの情報がわいた時には、ワイヤレス充電のオーディオファイルが発見されたとの情報もあるほどですから、ワイヤレス充電機能が搭載されるのは確実でしょう。

iPhone8からUSB-C一色になりつつある動き

安定的に電圧を流せるUSB充電に関して一般的にはライトニング対応のモジュールが標準装備されています。iPhone7まではそれが主流でやってきたとろへiPhone8になっていきなりワイヤレス充電に切り替わるという事は、従来の充電方式が一切使えなくなるどころか機種も交換しなければいけないのかとの懸念も浮かんできます。さらにUSB-Aタイプがかなり浸透してきているゆえに、こちらも充電アダプタは一切使用できなくなるのではないかとの不安も広がりました。USB-Cおよびライトニングコードも従来のものにそのまま継続できると知って、ほっと胸をなで下ろした人も多かったのではないでしょうか。競合社を見るとAタイプよりも使いやすいCタイプへ切り替わる傾向が強まっている事もあり、iPhone8でもCタイプとライトニングにも対応できるようにモジュールが搭載されているようです。

iPhone8にはワイヤレス充電器ではなくUSB-Cおよびライトニングケーブルが搭載される見込み

確実にワイヤレス充電機能が搭載されるでしょうし、そのための開発も前向きに進められている様子が何度も報告されていますから、この情報はかなり信憑性があります。ただし昨今の動向からどうやらUSB-Cおよびライトニングケーブルが同梱される可能性が大きいですから、ワイヤレス充電器は同梱されず別途購入となる事が確実です。iPhone8内部にはワイヤレス充電チップが組み込まれている事をはっきり示すリーク画像までアップされてきました。実際どうなるのかは発売を待つ必要があります。製品化するまでは様々解決していかなければいけない課題があり、ワイヤレス充電器が発売されるのはかなり後になってからとなりそうです。

iPhone8はワイヤレス充電となる方向へ向かう模様ですが、製品化までの道のりはまだまだ遠そうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ