iPhone8のユーザー辞書でこんな使い方ができたら便利なのに…

いろいろと操作をするようになると、あらゆる機械は「この部分こうだったら楽なのに…」という疑問を持ってしまうようになります。実はそれらの疑問に対しての解決策というが用意されているけど、操作方法を知らないために不満を抱いているということもよくあるものなのです。
そのシーンが非常に多いのは辞書機能でしょう。そこで、今回はiPhoneと辞書機能やユーザー辞書についてお勉強していきたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8でも確実にあるであろうユーザー辞書

iPhoneは今まで搭載してきた機能であまりにも不評だったために、切り捨てたものはいくつかありますが、付表はなくむしろ改良したほうが良いという指摘が出ているものに関しては新しいiPhoneが出るたびにバージョンアップして登場するので、ユーザー辞書などの辞書ツールも今回はパワーアップして登場することでしょう。
この辞書を使ったことがないという人も実は結構いるのです。はっきり言ってネット検索やアプリでのゲームそして電話などにしか使わないという人は気にしない人が多く、見向きもしない人が多いのが原因だと思います。
実際に使う場合は、適当なサイトを開いて読み方がわからない漢字を探し、単語を長押しすることでメニューが出てくるので「選択」を選び、その中からユーザー辞書を選ぶというやり方となります。「わからない漢字はネットで検索していた!」という人は、こちらのほうが早いのでぜひとも使っていただきたいです。iPhone8の噂でもこういう部分は出てこないので気になるところです。

予測変換機能を充実させるのに必須

また、ユーザー辞書機能を充実させることで最大限大きな恩恵を受けるのは予測変換でしょう。よく入力する感じで予測変換にない場合はいちいち全部入力することになるので、イライラすることになると思います。
なので、絶対に欲しい機能といえばこの部分をより充実させることになります。例えば、「メルアド」と入力した場合は予測変換で自分のメールアドレスがきちんと表示されるようになるとか、電話帳とユーザー辞書を自動的にリンクさせて、その人の登録名を入力しただけで予測変換にその人の電話番号やメールアドレスが出てくるようになると使い勝手は確実に上がるでしょう。
特に、Webサービスにログインするときはメールアドレスなどを入力することになるので、この機能はぜひとも欲しいところです。使い慣れている人はユーザー辞書に自分のメルアドなどを登録していることでしょう。ここら辺の充実が求められている機能としては多くなっております。iPhone8の辞書機能は使い勝手が上がるといわれておりますが、ここら辺はどうなるでしょう。

辞書機能を使ったことがある人もいない人も、予測変換は使ったことがあると思います。この部分がちぐはぐだとイライラするのでiPhone8はどうするのかがかなり気になります。日本語は難しい部分も多いので予測変換なども大変でしょうが、iPhone8にはこのあたりの充実度も気にしたいところです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ