iPhone8でユニバーサルサービス料はいくらになる?

iPhone8は期待値の高さのゆえにいろいろな部分で何が変わるのかを調べている人がいます。その中でも、伊津部の情報は少なく憶測でしかなかなか成り立たない情報もあるのです。その中の一つがユニバーサルサービス料でしょう。今回はiPhone8とユニバーサルサービス料について記載します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

今のiPhoneでのユニバーサルサービス料はいくら?

ユニバーサルサービス料とは携帯電話を使っている人すべてが払っている料金です。知らない人も多いですが、料金明細を見ればしっかりと引き落としがされているため、そちらを確認してください。「知らなかった!」という人も多いと思いますが、もともとこの料金自体はとっても安いので気にした人もいないでしょう。

名前からすると海外電話系のサービスと思ってしまうかもしれませんが、実際には国民生活において不可欠の通信サービスである、基礎的電気通信役務、つまりユニバーサルサービスのために支払う必要がある料金のことです。これはわかりやすく言うと110番・118番・119番といった何かあったときに電話をする仕組みに対して電話を使っている人すべてが負担をしようというサービスだと思ってください。

そして、この料金は半年に一回、支援事務費や補償対象額、予測前年度過不足額などから算出するので、半年に一回ほど改定されるのです。2017年も6月まではユニバーサルサービス料が毎月2円でしたが、7月からは毎月3円となっております。

iPhone8になってもユニバーサルサービス料はかわらない?

この料金は会社の一存で簡単に変えられるものではなく。電気通信事業法に定められた電話のユニバーサルサービス制度によって決まっているものなので、iPhone8が新しく発表されたとしてもこの料金が変わるわけではありません。つまり、この部分の金額が変わることはないということです。

どこの携帯電話事業者と契約していても、音声通話SIMを利用している人は決まった料金を払うように作られている制度なので、支払う義務が生じていると考えたほうがいいでしょう。幸い毎月2円とか3円という安い金額なので、そこまで気にする必要はありません。

iPhone8によっていろいろな部分が変わってくるでしょうが、一部の法律などで定められた料金などは変わってくることはないでしょう。ユニバーサルサービス料について知らない人も多いと思いますが、この記事でどのようなものなのかを覚えていただきたいです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ