iPhone8の発売が遅れる要因となっているTouch ID埋め込み問題

iPhone8の発売が目前に迫っていますが、この場に及んで発売が遅れるのでは?との懸念が広がっています。その要因はTouch IDをデスプレイに埋め込んだ際に起こりえるリスクを、未だに解消できていないためと報じられていますが、はたして真相はどうなのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

全ホームボタンをデスプレイに埋め込み

先頃公開されたiPhone8のデザインの予想図では従来のホームボタン一切をデスプレイに埋め込み、ボディ全体を二重ガラスで覆う事に加えて間にステンレス製のフレームを挟み込むといったものになっていました。iPhone7まで搭載されていた物理的Touch IDもデスプレイに埋め込まれ有機ELとして生まれ変わる予定ですが、果たして性能は受け継がれるのかとの懸念が広がるのは当然です。代償として顔認証や虹彩認証を3Dセンサーで行う技術が採用されるようですが、正直いって生体認証では完全なセキュリティ管理が難しいだろうというのが、専門家らの意見です。Touch IDは指紋認証をするためのセンサーであり、本来本体とは別途で装備しなければならいのですが、iPhone7までは表面の下位にあるワンタッチボタンで認証できるという画期的な機能だったのです。Applepayなどお買い物や決済時の安全性を高めるためにも多いに貢献していただけに、デスプレイ内に埋め込まれた後でもぜひ満足のいく性能を発揮して欲しいと、ユーザーの多くは期待しています。

iPhoneで標準装備されたTouch IDの技術について

iPhoneを初めスマホは長期使用しないでいるとロックがかかるシステムを導入しています。これにより留守中に勝手にスマホを使われる、あるいは盗難の際にも犯罪に使用される危険を最小限にできます。ロックを解除するにはパスワードとIDを打ち込む必要があるのですが、これが大変面倒で時間がかかるという事で採用されたのが生体認証です。多くの機種で活用されています。最も人気があるのは指紋認証です。あらかじめセンサーで自分の指紋を登録しておくと使いたい時にはパスワードやIDを打ち込まなくてもセンサーが指紋を呼び込んでロック解除してくれます。ただし指が濡れていたり登録した指が違ったりするとうまく作動しない事もありえます。それゆえ安全のために様々な角度から指紋を登録しておくか、いくつかの指で登録しておく必要があります。あまり考えたくはないのですが指紋の偽造や、寝ている間にこっそり認証されるといった事も否定できません。通常は顔認証と虹彩認証とを選択できるようなしくみになっています。

Touch IDの代替としての顔認証や虹彩認証

顔認証はiPhone8ではカメラ機能に搭載されている機能です。自分の顔を自撮りして登録します。デスプレイに埋め込まれても充分活用できますから手軽です。顔認証で登録した顔画像はそのままゲーム時のプロフィール写真として利用できる機能もついていますから、iPhone8を楽しみにしている人も多いのです。写真でも登録できてしまうといったリスクを補うために3Dセンサーで立体的な顔認証ができるようになっています。この時に役に立つのがデュアルカメラと赤外線です。この技術は競合社でも活用されていますからけして珍しい技術ではありません。難点は光が強い場所ではエラーになりやすい点です。虹彩認証は瞳の黒目周辺にある虹彩のしわで認証する機能ですが、認証に時間がかかるのが難点です。

iPhone8では生体認証が重要な役割をしています。技術的問題を早く解決して発売予定日に間に合ってくれる事を願います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ