iPhone7よりも優秀?!iPhone8は水没しても平気!?

「防水じゃなければiPhoneじゃない!」とまで言われるほど、iPhoneと防水機能は切り離せない関係になりました。iPhone8の防水性能はシリーズ史上最高の水準にまで達しているとまで言われており、水没や水濡れという概念がなくなるのではと期待する声もあります。最新モデルで採用される防水ギミックはどこまでの水濡れにたえられるのか。今回はiPhone8の核心とも言える防水性に迫ります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8はいかにして史上最高の防水性能を実現しているか

iPhoneの防水機能には統一された規格があります。「IP68」もそのひとつで、これは、「6等級の防塵性能と8等級の防水性能をかねそなえている」端末であるということを表しています。規格の厳密な意味について深く掘り下げると上級ユーザー向けの解説になってしまいますが、ごく簡単に言えば、うっかり手をすべらせて満杯のお風呂のなかに落としてしまっても大事なiPhone8がすぐにこわれる心配はない、ということのようです。これだけ水に強いiPhone8ですから、たとえば入浴中に好きな音楽を聴いたり本を読んだりという風に、初期のiPhoneでは決してできなかった大胆な楽しみ方が可能になることは間違いなさそうです。

過信は禁物!iPhone8はやっぱり水に弱い?

史上最高水準の防水性能を実現し、水濡れや水没に強くなったと言われるiPhone8ですが、やはり精密機械ですから水による故障のリスクをゼロにすることはできません。水分以上に注意すべきなのは糖分です。PCでも水分以上に糖分が最大の天敵といわれるように、甘く粘り気のあるジュース類は完全にかわきにくく、いつまでも端末内部にこびりついてしまう恐れがあります。その結果として故障につながることもめずらしくはなく、防水機能を信じすぎたユーザーの盲点となっているようです。また、防水性能を実現しているテープは年数が経つごとに劣化していくため、古くなるとどうしても水分が入り込む余地ができてしまいます。精密機械に完璧はありません。細かいことは考えず、たとえ防水機能であっても過信することはせず、これまで通り水没には充分気をつけて慎重に扱うのが基本となりそうです。

iPhone8ではシリーズ史上最高の防水防塵性能が実現され、水濡れや水没による故障のリスクは劇的に軽減されました。その防水性能たるや、「荒れ狂う海の底に30分間沈んでいてもこわれることはない」と言われるほどで、日常レベルの水濡れ程度ではまず故障しないだろうとAppleも断言しています。一方で、ジュースなどの糖分には意外と弱かったり、長く使っていくうちに防水性能が劣化してきたりといくつかの弱点が指摘されており、基本的には極力水に濡れないようにするのが良さそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ