iPhone8の発売日が12月頃?原因は3Dセンサーか

iPhone8の発売日が年末にまでずれこむ可能性が浮上しています。どうも3Dセンサーが関与しているらしいのですが、真相について考察してみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

事の始まりはTouch ID?

少しずつiPhone8の全容が明らかになってきましたが、モデルデザインが全画面デスプレイというリーク画像や設計図がちまたに流れた時に騒然となりました。Touch IDの所在がどこにも見あたらなかったからです。Touch IDは消滅したというデマまで流れま少しずつiPhone8の全容が明らかになってきましたが、モデルデザインが全画面デスプレイというリーク画像や設計図がちまたに流れた時に騒然となりました。Touch IDの所在がどこにも見あたらなかったからです。Touch IDは消滅したというデマまで流れましたがこの案は現在否定されています。様々な問題を抱えているとは言えappl payの決済やロック解除など複数の機能に関与されていたからで、形を変えて搭載されるのでは?との見方が根強かったのです。これぞiPhone8の完成図ではないかとのリーク画像が流失した際にはデスプレイの下部に光学センサーのようなアイコンが出没していた事から、光学センサーとしてOLED搭載のデスプレイに他のホームボタン同様に埋め込まれるのではないかとのかなり信憑性のある情報も流れましたが、実装させるには技術開発上の問題をクリアする必要がありました。発売日に間に合わないのではないかとの見方が広まる中で、急浮上したのが3Dセンサーによる代替方法が採用されるのではないかとの見方です。実際iPhone8には3Dセンサーが搭載されるのはほぼ確定と見なされていましたし、デュアルカメラの搭載によって3Dセンサーへの接続もスムーズにいくと考えられたからでもあります。ところがここでまた技術開発の問題が浮上しました。次々と襲いかかる技術開発という壁を、appleがどのように乗り切れるのかをユーザーは固唾をのんで見守っています。

3Dセンサーのシステムとは

iPhone8のデスプレイデザインを見れば一目瞭然であるように、上部中央付近に切れ込みが入っておりそこに3Dセンサー機能が盛り込まれていると考えられています。さらに背面のデュアルレンズの間に赤外線レーザーが配置されています。すなわち前後両方で赤外線センサーが利用できるという事です。これらは生体認証としての顔認証をするために活用されるというのが有力です。ロック解除などに主に使われます。デュアルレンズの採用で立体的な顔写真を写す事が可能になりました。さらに赤外線レーザーがある事で暗闇での撮影も可能になりますから、iPhone8をテーブルにおいた状態での顔認証が可能になります。指紋認証が廃止される代替として3Dセンサーが搭載されたのではないかと思われたのですが、現時点で指紋認証が廃止になるとの見解は否定されています。しかしながら指先の湿り気や様々な状況下での認証エラーが起きたときの代替対策にはなると目されています。赤外線センサーは放射した時の反射具合で対象物を立体的に読み取りまずから、写真によるごまかしは防止できまず。よりリアルなプロフィール写真も撮れるようになるでしょう。

3Dセンサーの調整不足か

顔認証を主とする3Dセンサーはデュアルレンズの搭載や赤外線レーザーの搭載により立体的な顔認識が可能になったとされていますが、顔認証そのものの課題はまだ解消されていないとの見方が一般的です。微妙な顔の向きや位置にも動作できるか、逆に明るすぎる場所での認識は可能なのかなど乗り越えなければいけない課題はまだまだ残っています。そうした細かい調整がまだまだ完了していない事や、指紋認証の技術的問題も重なって発売日が大幅に遅れる見通しです。

iPhone8の発売日は様々な事情により12月までずれこむ可能性が強まりました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ