iPhone8はBluetoothレシーバーに対応しているの?

iPhone8のスペックを最大限に楽しむためになくてはならないアクセサリーがBluetoothレシーバーです。Bluetoothが使えるようになればiPhone8の楽しみ方がさらに広がり、たとえばiPhone端末に保存したお気に入りの音楽を車での通勤中に聴くなど、シチュエーションを選ばずに自宅と変わらないプライベート空間を演出できます。iPhone8に最適なBluetoothレシーバーを選ぶポイントについて御紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Bluetoothレシーバーって何?iPhoneにつなげると何が便利なの?

iPhoneデビューして間もない方は、Bluetoothレシーバーと言われてもその便利さをあまりリアルに感じられないかもしれません。レシーバーとはいわゆる受信機のことですから、Bluetoothレシーバーとはつまり、「Bluetoothの電波を受信するためのアクセサリー」という意味になります。レシーバーとしてよく知られているのがヘッドセットです。これはヘッドフォンのように耳につけるタイプで、iPhone8とBluetoothで接続すれば端末を操作しなくてもハンズフリーで通話が可能になります。レシーバーを付属アクセサリーとして購入する場合、とくにチェックすべきなのはクラスとプロトコルです。クラスは言ってみればレシーバーの最大ポテンシャルを表しており、これが大きいほど遠くの距離にある端末にも信号が届くことを意味しています。プロトコルは製品の規格を表したもので、レシーバーの用途によって決まったプロトコルが用意されているので購入前にチェックしておきましょう。

iPhone8をさらに身近に!Bluetoothレシーバーでできること

Bluetoothレシーバーが付属アクセサリーとして便利だとはいっても、「iPhoneを車内で使わなければ意味ないのでは?」と考える方がいるかもしれません。もちろん、Bluetoothは車の中でも威力を発揮しますが、自宅にいる時にもiPhone8の可能性を無限に広げてくれるツールでもあるのです。Bluetooth経由でiPhone8とPCを接続すれば音楽や動画などのデータを相互に送受信することができ、どこにいてもお気に入りの映画や曲を楽しむことができます。接続方法がシンプルであることも魅力のひとつです。PCと端末のBluetooth設定をオンにしておき、表示されるパスコードを確認するだけでほぼワンタッチでベアリングできるので、初心者の方でもポイントさえつかめば簡単にBluetoothを使いこなすことができます。PCとiPhone8だけでなく、iPhone8とプリンターをBluetoothでつなげて画像や文書ファイルなどを印刷することも近い将来には一般的になると見られており、iPhoneとBluetoothはこれまで以上に切っても切れない関係になっていくと言えます。

iPhoneの機能を隅々まで使いこなすうえでBluetoothの活用は必要不可欠な要素です。とりわけ、車の中でもiPhoneのスペックを体感したい人にはBluetoothレシーバーがおすすめであり、ひとつ持っておけばハンズフリー通話から音楽の転送まで、「あったら便利だな」と思う機能をほとんど実現することができます。ただし、せっかくレシーバーをそろえても端末とコネクタのタイプが合わなければまったく意味をなさないため、iPhone8に対応するのがどのコネクタなのか事前に確認しておきましょう。出力クラスも重要なチェックポイントなので、ビギナーの方は購入前にしっかり情報をあつめ、アクセサリー選びで失敗しないようにしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ