10月~11月?iPhone8の発売が延期される見込みが・・・

iPhoneシリーズは毎年9月頃に新モデルが発表されることが恒例ですが、なんと、iPhone8はここにきてリリースが大幅に遅れ、場合によっては11月以降にまで発売が延期されるのではないかとの情報が飛び交っています。果たして、iPhone8は無事にリリースされるのでしょうか。これまでの経緯をまじえて検証していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の正式リリースが延期されると見られる要因

2017年9月下旬の正式リリースをめざして開発が進められてきたiPhone8。ボディイメージも公開され、充実の新機能についての情報もユーザーに行き渡り、あとは発売を待つばかり……かと思いきや、9月が目前にせまった現時点でも細かい設計に不具合が生じ、発売時期が遅れる見通しが濃厚になっているようです。発売延期の大きな根拠としては部品供給の思わぬタイムロスが挙げられており、それ以外にもiPhone8から搭載される新機能の調整が未だ完璧ではなく、完全なかたちで市場に送り出せる状態ではないとまで言われています。

リリース延期がApple全体に与える影響

もしも本当にiPhone8の正式リリースが9月以降に延期されることになればユーザーの期待を裏切ることになり、一種の信頼問題にもつながりかねない大きな失点となります。発売延期の噂についてApple側は必死に否定している状況ですが、事前にリークされている部品供給の遅れや新機能の不具合がこのままおさまらないようならかなり高い確率で発売が9月以降、場合によっては2018年にまでずれ込むと見られています。ユーザーとしてはまさに「おあずけ状態」ですが、一方で、一連の発売延期騒動はiPhone8販促の戦略のひとつであるという見方も広がっています。過去シリーズでも夏の段階でリリース延期の情報が流れるのはよくあることであり、ユーザーの間では恒例イベントとまで言われているほどです。過去シリーズが発売延期の噂が流れながらも結果的には当初の発表通りのスケジュールで発表されていることを考えると、今回もまた最終的には落ち着くところに落ち着いて、9月下旬にめでたくお披露目、ということになるのかもしれません。

部品供給の遅れや新機能の微調整などが影響し、iPhone8の正式リリースは11月以降にまで延期されるとの憶測が流れています。生産ラインに予期せぬトラブルが起きているのが事実であるようですが、過去シリーズでも発売時期直前になって延期の情報が飛び交っていた歴史を振り返ると、今回の騒動も最新モデルの注目度を高めるひとつの販促戦略と見ることもでき、最終的にはきっちり2017年9月の正式リリースに間に合わせるのではとの楽観的予測も強まっています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ