Apple社、iPhone8の画面内で指紋を認証する特許を取得

iPhone8で指紋認証が搭載されるというと当たり前すぎて新鮮味がないかもしれませんが、ディスプレイのなかに認証ボタンを埋め込み、画面を軽くなぞるだけでロック解除を行えるようにしたところに今回の特許取得の意味があります。認証システムの進化とオールフラットディスプレイで可能になるiPhone8の楽しみ方についてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の指紋認証はこれまでのシリーズとどう違う?

指紋認証そのものはこれまでのiPhoneシリーズでも標準搭載されており、それ自体は決して目新しい技術ではありません。iPhone8の指紋認証が画期的だと言われているのは画面上ですべての認証を完結させられるためで、具体的に言えば有機ELディスプレイ上に表示されるアイコンを指でタッチするだけで認証が完了し、ロックが解除できるのです。Appleとしては新しい指紋認証にかかわる特許を取得することですでに虹彩認証を搭載しているandroid端末との差別化をはかるねらいがあり、オールフラットディスプレイの設計をスタートさせた段階から一連の特許取得は折り込み済みだったという見方もあります。

現場の声をリポート!ユーザーにとってうれしい認証機能は?

指紋、顔、虹彩……。iPhoneやandroidにおいて、現時点で搭載できる認証システムはすべて出そろった感があります。Apple側は指紋認証の新特許取得にiPhone8の命運をかけているようですが、肝心なのはユーザーの評価であり、ユーザーから受け入れられなければ本当の意味で使いやすい認証システムとは言えません。指紋認証はパスワード認証に代わる画期的なロック方法として初期型iPhoneの時代には注目されましたが、その都度専用の指紋読み取り部分をタッチしなくてはならない煩雑さがあり、現在は顔認証のほうにトレンドが移り変わっているようです。ただ、顔認証システムはまだまだ発展途上の段階で、少しでも画面がぶれると正しく認証できなかったり、明るさが足りない場所ではロック解除に時間がかかったりと、指紋認証に代わる中核技術となるにはまだまだ時間がかかるようです。ユーザーから高い期待を寄せられているのが虹彩認証で、目の部分だけを数秒間カメラにかざすだけで認証が完了するのですから、顔認証よりもはるかに手軽で確実なセキュリティコードになり得ます、しかしながら、iPhone8ではわざわざ指紋認証の新特許を取得したことから考えると、少なくともiPhone9あたりまでは顔認証や虹彩認証が本格導入されることはほぼないと予測できます。

指紋認証がディスプレイ内でおさめられたところに、iPhone8の特許取得の意味があります。これによってiPhoneシリーズはいよいよ本格的にフルフラットディスプレイへとシフトチェンジする方針を明らかにし、ホームボタンとの訣別を宣言したともとらえることができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ