初代iPhoneと類似しているiPhone8

初代iPhoneが発売されたのは今から10年前の6月29日です。あれから10年が経ちましたが今でもiPhone人気は衰えていません。次期後継機の「iPhone8」は初代iPhoneに似ていると噂されていますが、どの点が類似しているのでしょう。また、発売日はいつ頃になるのか?待ち遠しいファンのためにiPhone8を予想しよう!

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

初代iPhoneに似てる?iPhone8

初代iPhoneが発売されて今年で10周年!いまだに人気が衰えないiPhoneですが、記念すべき10周年の2017年度中に発売されるのではと噂のあるiPhone8は、初代iPhoneと似ているとか?どの点が似ているのか噂もささやかれています。あくまでも噂の段階ですが、各国メディアによると初代iPhoneのような水滴型デザインが採用されているそうです。水滴型デザインの特徴は、丸みのある弧状で手のひらにすっぽりと入るような優しいデザインになるようです。また、今回のiPhone8には、3次元(立体成型)のガラスが採用されるとのことですので、初代iPhoneのカバー裏側に似ているのではと言われています。

技術が複雑すぎて生産が追い付かない?

デザインは初代iPhoneのような丸みを帯びた形になると言われているiPhone8ですが、中身は凄いのでは!と今からワクワクするような情報が流れています。技術の進歩は凄まじいものを感じますが、iPhone8に搭載予定のA11プロセサーは、今までのA10が動作周波数2.3GHzからさらに高速になり3.0GHzまで到達。これにより回路系統も小型化に成功したようですが、画面下のホームボタンは本当になくなり全画面デザインになったのかどうかは、発売日が決定されるまでの楽しみでもあります。

今まで使用されていたTouch ID機能の「指紋認証」は、最新のiPhone8には搭載されないらしいと言われていますが、それに代わるのが「3D顔認証機能」です。どれだけ高精度かというと、あっという間にユーザー認識が可能だとか!3Dで顔を認識するので写真を使った不正行為も防ぐことが可能だとか。Touch IDと比べればセキュリティ対策が万全だと言えるでしょう。

カメラも高性能なiPhone8

iPhone8には、デュアルカメラが搭載予定です。望遠レンズと広角レンズなど2つのレンズを兼ね備えた高性能機種になるようです。ただし、標準的なiPhone8では、レンズは1つですが、iPhone8 Plus やiPhone8 Proなどがデュアルカメラの搭載候補だと予想されているようです。初代iPhoneとは比べ物にならないほど、年々カメラとしての機能が優れているiPhoneは、写真を趣味としているユーザーにも高評価を得ていて、今では重たいデジタルカメラを持ち歩く人も少なくなってきているとか?!発売が待ち遠しいiPhone8ですね。

初代iPhoneと似ていると呼び名も高い「iPhone8」ですが、実際に似ているのは丸みある形のみ?スマートではなくなるようでiPhone離れも起きる可能性もありますが、iPhone発売10周年ですし、発売日まで期待してみるのも楽しみですよね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ