iPhone8に有機ELディスプレイを採用した理由

iPhone8では、有機ELが採用されると言われています。有機ELというのは、有機エレクトロ・ルミネッセンスというのが正式な名称であり、有機化合物に電圧をかけることで発行する仕組みになっています。このような細菌技術を用いることによって、より注目を集めたいと考えての戦略ではないでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

テレビなどでは既に使用されている技術

有機ELという技術は、iPhone8出始めて使用されるというわけではありません。すでにテレビなどではこのような最近の技術が用いられているのです。テレビの映像がかなりきれいになった理由の1つでもあるでしょう。現在ではスマートフォンでもテレビを見ることができますし、きれいな写真や動画の撮影もできるようになっています。

そのため、iPhone8に有機ELが導入されたとしても、全く不思議ではないのです。逆にどんどん新しい技術を導入しているからこそ、ガラケーからスマートフォンに変える人が多くなっていると言えるでしょう。当然最新の技術を使用すれば、小さなディスプレイだったとしても見やすくなるので、より鮮明な画像や動画が見たいという人にも喜ばれるでしょう。

より薄くすることもできる

最近は薄く小さくというのが電子機器を作る上では重要になっているのですが、なぜ薄く小さくするのかというと、軽量化することが目的だと言えるでしょう。スマートフォンは外に持ち歩く物なので、重くて大きいとあまり好まれません。そこで軽量化して小さくすることで、持ち運びやすくしているのです。

しかし、薄いタイプにしてしまうと、他のスペックが落ちてしまうのではないかと思うでしょうが、このような薄型のディスプレイでも用いることができるのが有機ELという技術になります。液晶ディスプレイでは多少の厚みが必要になってしまう反面、薄くても問題なく作成できるということで、iPhone8では有機ELの採用が行われているのです。

消費電力を抑えることができる

スマートフォンを使っていると、電力消費が激しくて、すぐ充電しなければいけなくなると感じている人も多いでしょう。そこでiPhone8では、少しでも消費電力を抑えられるようにしようと有機ELの導入を決めたと言えます。有機ELを導入することで、無駄な電力を抑えることができるようになるのです。

有機ELにすることで、通常の液晶ディスプレイで使用していたバックライトが不要になります。このバックライト分の消費電力が抑えられることから、有機ELはバッテリーの持ちがよくなると言えるでしょう。バックライトが不要になれば、それだけスマートフォンの本体を薄くすることもできるのです。

iPhone8に有機ELを導入することで、多くのメリットがあります。当然メリットがなければ導入されるわけはないのですが、薄型で軽量化できることや、消費電力を抑えることができること、画面がより鮮明で見やすくなることなど、たくさんのメリットがあるのです。最新の技術力を導入したスマートフォンにするために用いられている技術だと言えるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ