iPhone8入手は困難の様子

Apple待望の新iPhone「iPhone8」の登場予想に、胸を躍らせているヘビーユーザーも少なくないことでしょう。ですが一部で、iPhone8は入手困難になるかもしれないといった情報も飛び交っています。なぜ入手困難なのか、そして実際手に入れられるのはいつ頃になるのか、予測情報をご紹介していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ポイントは発売のタイミング

入手のしやすさについて関連深いポイントとして、発売のタイミングが挙げられます。もちろん、発売時期がずれたからといってかならずしも入手困難になるとは限りません。確かに、待ち遠しさはより高まるといったところかもしれませんが、流通量が同じであれば例年と同様に行き渡るでしょう。

ところが、そうもいかないのがiPhoneの事情です。何と、発売時期がずれ込むと同時に、流通量までも限られると予想されているのです。Appleファンとしては、気が気でない状況かもしれません。

実際の発売時期はいつ頃?

さて、続いて肝心の発売時期予測について解説していきます。まず例年であれば、新製品の発売時期は9月です。「iPhone7」や「iPhone6」シリーズについても、同様の流れでした。ところが今回のiPhone8については、9月以降に生産を始めると予想されています。例年であればすでにリリースされている時期に、やっと生産を始めるというわけです。

では実際いつ頃発売されるのかといえば、それは10月以降ではないかといわれています。購入可能時期が1ヵ月ずれ込み、さらには流通量も大きく限られるかもしれません。入手は、例年以上に難しくなってくることでしょう。

発売日が延期となる理由は?

通常であれば、毎年9月が新モデル発表のタイミングのひとつです。Apple側としても、ファンの期待を裏切らないためにもこの時期に合わせてリリースした方が得といった具合でしょう。ではいったい、なぜ発売が延期となり入手困難になる可能性が高まっているのでしょう。

理由は、大幅なモデルチェンジにあります。今回登場する新製品iPhone8の目玉のひとつに、ホームボタン廃止が挙げられます。ボタン部分をひとつに絞っている時点で他社よりスマートで目を引く印象でしたが、今回それすらも廃止するという大きな改革に出ました。ですがこの場合、ホームボタン以外にも変更を加える必要が生じます。それは、ホームボタンに内蔵されていた「Touch ID」機能の移行です。

実際のところ、自社が買収した技術を用いて、ホームボタン部から画面内部に移すのではといわれています。平面であるガラス画面上でホームボタンプッシュできるわけですから、スマートさはさらに向上されるといったところでしょう。

ですが、この改変により発売時期がずれて入手困難になるといわれているのもまた事実です。新機能に期待しつつ、気長に待つべきといったところでしょうか。

待望の新製品iPhone8ですが、残念ながら入手困難になると予測されています。ホームボタンを廃止し、Touch ID機能を移行するため、生産自体が遅れているためです。例年9月発売であるところ、今年は10月以降になるのではといわれています。流通量も限られる可能性が高く、ファンにとっては少々ゆううつに感じられる展開といったところです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ