【画像】iPhone8の手帳型ケースがもう発売?!

ハードケースやソフトケースとならんで、iPhoneシリーズでは手帳型ケースも根強い需要があります。大切なiPhone8をディスプレイまですっぽり覆うことができるため、画面割れも完全にふせぐことができiPhone8をよく落としてしまう方も安心です、素材によっても手触りや雰囲気を変えることができ、本革が使われたものなら機能性はもちろん高級感も演出できるためビジネスシーンでも調和します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

購入前にチェック!iPhone8の手帳型ケースはここが違う

手帳型ケースはカバーがまるで本の表紙のように見えることからブックタイプともよばれ、本体背面からディスプレイまでを完全に覆うことができるところに最大の特徴があります。本体背面の保護だけならばソフトケース、ハードケースでも充分に対応可能ですが、手帳型ケースであればカバーによってディスプレイまで保護できるため、iPhoneの故障でよくある画面割れから知らないうちに起きやすい指紋汚れまで、さまざまなリスクからiPhone8を守ることができます。素材の種類も豊富でカラーバリエーションも幅広く取りそろえられており、個人の価値観と生活習慣に合った組み合わせを工夫することが可能です。手帳型ケースの長所は、質感や耐久性ばかりではありません。カバーを閉じておけばディスプレイが完全に隠れるため、公共の場でも安心してプライバシーを保つことができます。

初心者におすすめ!色彩心理学を応用した手帳型ケース選び

ただシンプルに手帳型ケースの機能性を追求するだけでは、iPhone8を本当の意味でオシャレにカスタマイズすることはできません。ファッショナブルなiPhone8でほかのユーザーに少しでも差をつけるためには、色彩心理学を応用したカラーコーディネートが重要です。色がもつ固有のイメージをうまく活用することで手帳型ケースやiPhone8の印象を劇的に変えることができ、誰からもオシャレと言われるようになります。赤は基本的に闘いの色であり、見た人のテンションを高める効果があります。青は反対に落ち着きの色であり、見る人の気分を落ち着かせる心理効果があります。ユーザーの目をひきつけるためには赤を多めに配色するのが効果的ですが、あまり取り入れすぎるとどぎつい印象になってしまい、奇抜すぎる印象を与えてしまいます。同系色の色であえて統一するのも効果的ですが、反対の性質をもつ色をうまく組み合わせることでより強い印象を与えることができます。色彩心理学の知識を活用して、あなたのiPhone8をよりオシャレに演出してあげましょう。

iPhone8の保護ケースに機能性だけでなくデザイン性をもとめる方には手帳型ケースがおすすめです。本革製品であれば高級感を演出でき、なおかつ画面割れもほぼ確実にふせいでくれます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ