iPhone8に噂されるナビとAR(拡張現実)を組み合わせた新提案

エンタメアプリとの連携も注目されているAR。iPhone8ではより実用的な活用方法としてナビ機能への応用が検討されているようです。地図ナビゲーション機能とARぎじゅつが本格的にタッグを組んだ場合、ユーザーにとってどのようなメリットがあるのでしょうか。これまでのナビゲーション機能と比較しつつ検証していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

AR連携型ナビは従来型とどこが違う?

一般によく知られているiPhoneシリーズのナビゲーション機能は、アプリに現在地と目的地を読み取らせ、その間のルートを音声やガイド表示などで案内するというものです。これだけでも充分に便利で役に立ちますが、iPhone8の地図ナビ機能はここからさらに進化して、ARと連動したよりリアルなルート案内を実現するのではと期待されています。ARの本領は、現実世界と仮想空間をひとつに結びつけるところにあります。この特性が地図ナビ機能に活かされれば、たとえばiPhone8の画面に現実と同じ映像を表示し、その画面上に直接ルートを表示することも可能になるでしょう。あるいは、目的地以外でも気になった施設や建物を撮影するだけで画面上にその建物に関する情報が表示されるようになるかもしれません。どのような活用法が見込まれているにせよ、ARの実装によってiPhone8は劇的に進化し、また格段に使いやすくなると見られています。

やっぱりゲームも楽しみたい!ARのエンタメ的楽しみ方

ナビゲーション機能への応用が期待されるiPhone8のAR技術ですが、エンタメアプリとの連携もさらに進めてほしいものです。ARとはわかりやすく言うと「現実世界を仮想空間に見立てる」という技術ですから、現実のエリアをまるごとゲームのマップにすることでプレイヤー自身が主人公であるかのようなリアリティを演出することができます。とりわけホラーゲームとの相性は抜群で、画面上のマップにゾンビやモンスターを出現させることであたかもプレイヤー自身が本当に襲われているかのような臨場感を出すこともできます。また、美少女キャラクターを画面に登場させることであたかもお気に入りの美女と疑似デートを楽しんでいるような構図にもできるかもしれません。地図ナビ機能とゲームアプリをドッキングさせれば、ゲーム内で財宝が眠っている場所をルート案内でリアルに教えてもらう、という遊び方も可能になるでしょう。iPhone8のゲームはもはやバーチャルな世界で完結するものではなく、現実世界を実際に歩きまわりながら五感をフルに使って楽しむものなのです。

ARと連動した地図ナビ機能はただシンプルに目的地までのルートを案内するだけでなく、カメラで映した実際の映像にバーチャルな補足情報を重ね合わせるなど、まさしく現実を大きく広げた新しいナビゲーションが魅力です。また、この技術がゲームアプリに応用されればまるで自分自身がゲームの主人公になったような感覚で敵と戦ったり財宝を探したりできるなど、これまで以上にアクティブで能動的な遊び方が可能になります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ