iPhone8で音楽はどう変わる?音質やアプリについて

画質、音質、通信速度……。この3つはiPhone8のスペックを見きわめるうえで絶対にはずせない要素です。とくに、iPhone8で日常的にお気に入りの音楽を楽しみたいと考えているユーザーにとって、音質はこのうえなく重要な問題となります。今回はiPhone8の音質面にスポットをあて、過去シリーズとくらべてどの程度進歩しているかを検証するとともに、お気に入りのiPhone8で音楽をよりきれいに楽しむためのコツをお伝えします。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のキーワード!ハイレゾってそもそも何?

ここ数年のiPhoneモデルでは、ハイレゾ音源が主流になっています。ハイレゾとは「高解像度」という意味であり、従来の音源よりもさらに原曲を細かい単位でデジタル化しているため一般のCDでは再現できない、音の繊細さや太さ、圧力などを忠実に記録できる特徴があります。これまで主流であったMP3の保存形式ではもとの音源データを保存しやすいように大きな単位に切り分けるためにどうしても情報が抜け落ちやすく、データ量は軽いけれど原曲に忠実とは言えない、というケースが起こりやすいのがデメリットでした。その点、iPhone8で採用される見通しの最新の保存形式は音楽を断片化するのではなく圧縮するようなイメージで、原曲の空気感をもほぼ完全に再現できる強みがあります。

イヤホンジャック復活でさらに音質アップ!上級ユーザーも認める上質の聴き心地

iPhone8で噂されるイヤホンジャックの復活もまた、音質の向上に関係していると言われています。イヤホンジャックはたんなる接続部分なので一見すると無関係のようにも思えますが、イヤホンジャックがあれば付属イヤホンの自由度が高まり、音質を最大限に高めるイヤホンをつなぐことが可能になるため、結果として音のクオリティも上がる、という理屈のようです。また、イヤホンジャックがあれば充電中も音楽を聴けるようになるため、ユーザーにとってはふたつの意味でうれしい仕様変更と言えそうです。

iPhone8の音質向上のキーワードは、ハイレゾ音源とイヤホンジャックと言えるでしょう。ハイレゾ音源ならばライブの空気感やアーティストのブレスなどCDにはおさまりきらない情報を余すところなく詰め込めるため、聴き慣れた音楽を原曲そのままのイメージで楽しむことができます。屋外で音楽を聴く場合は相性の良いイヤホンを組み合わせることにより、ハイレゾ音源の高音質を損なわずに堪能することができます。情報量のわりにデータとして軽いのも魅力です。iPhone8でMP3との音質の違いを実感してください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ