iPhone8の発売で「ミュージック」アプリはどう変わる?

iPhone8で注目されるミュージックアプリの進化。音質の向上はもちろんのこと、ダウンロードの手軽さや曲の管理のしやすさなど、スペック以外の面でどの程度進化しているかが気になるところです。iPhone8のミュージックアプリが本当に過去シリーズと比較して使いやすくなっているのか。リーク情報をもとに検証していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ユーザーの本音!iPhone8のミュージックアプリに求めるものは?

ハイレゾ音源によるクオリティの高い音質が強調されるiPhone8のミュージックアプリですが、果たして、ユーザーは本当にそこまで音質にこだわっているのでしょうか。少なくとも一般ユーザーの間では音質にとことんこだわっている人は意外にも少数派であり、それよりも「音楽をどこでも聴ける」手軽さのほうを重視しているようです。ミュージックアプリにも音のクオリティ以上に機能面での使いやすさをもとめる傾向にあり、開発側もそうしたニーズにこたえ、保存した曲目を簡単な操作でソートできるようにしたり、ジャンルごとに自動でカテゴライズできる機能をつけたりと、「聴きやすく使いやすい」アプリづくりをめざしています。もちろん、コアなユーザーのなかには音質をとことん追求する人も少なくないため、iPhone8では音質向上にも全力を注いでいます。

iPhone8の音楽、あなたはどこで聴く?

iPhoneなどの携帯端末がなかった時代には、音楽はきまった場所で聴くしかありませんでした。その意味でも、音楽の持ち運びをより簡便にしたiPhoneシリーズの功績は非常に大きいと言えます。日常の中で音楽を聴きたくなるシチュエーションとしてよく挙げられるのは運転中ではないでしょうか。ハンドルを握りながらお気に入りの音楽をBGMとして流せば、いつものドライブも何百倍にも楽しくなりますよね。あるいは、ライターなどで在宅で仕事をしている人は原稿を書きながら好きな曲をかけて気分を盛り上げる、ということも多いようです。iPhone8では防水機能も搭載されていますので、お風呂のなかで音楽を聴く、という楽しみ方も可能になるでしょう。

iPhone8のミュージックアプリは音質が進化しただけではありません。音楽として聴きやすくなったのはもちろんのこと、ソート機能やインスタントミックスなど、「より楽しく便利に音楽を聴きたい!」というユーザーのニーズにこたえ、細かい機能の面でも配慮が行き届いています。アプリによっても聴きやすさがあ多少違う場合があるため、初心者のうちはいくつかのアプリを試しつつ、自分に合うものを見つけましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ