iPhone8のマルチタスク機能はどう利便性が向上するか

iPhoneを操作するにあたり、意外と頻繁に利用する機能がマルチタスク機能です。iPhone8のマルチタスク機能は今までのiPhoneと違ってこの機能の利便性が向上するといわれております。ホームボタンを使うことで機能していたこのマルチタスクはiPhone8ではどうなるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8にマルチタスク機能はない?

iPhone7に搭載されているOSがiOS10になったことで、マルチタスク機能がホームボタン2回押しではなく3D Touchによるマルチタスク画面の表示機能に切り替えていたのです。ホームボタンを使うことに慣れがあった人達は最初のうちだけ抵抗感はありましたが、慣れるとこちらのほうが使い勝手がいいということで不満の声はほとんど聞こえなくなったのです。

しかし、iPhone8ではこの3D Touchでマルチタスク画面表示する機能を削除するのではないのかという噂があちこちから流れております。実際に、iOS11のベータ版では画面左端を強くタッチするとマルチタスクを使える機能が利用できなかったので、その時から噂があったのですが、当時はバグではないのかという話もあったのでそこまで声は大きくなかったようです。

iPhone8には新たなマルチタスク機能が搭載される?

しかし、このマルチタスク機能が搭載されないということは考えられません。いろいろとアプリが増えて起動するものが増えるとこの機能がないと不便する場面が多々あるからです。むしろ搭載しないと多くのユーザーから不評が飛んでくるようになるでしょう。

このiPhone7で搭載されていたマルチタスク機能はTouch IDがディスプレイに内蔵されるという噂があったため、廃止されてしまったのでしょう。そのため、新たな機能が搭載されることになるとうわさになっているのですが、全貌はまだまだ分かっておりません。一説には、iPhone8のマルチタスクはiPadのApp Spacesをベースとしたものとなるといわれておりますが、操作性が下がるようなことはしないでしょう。

iPhoneに当たり前のように搭載されてきたマルチタスク機能ですが、iPhoneおよびiOSがバージョンアップするごとに、使い勝手もかなり変わってきたので、今回のようなiPhone10周年記念で発売されるiPhone8でも大きく変わるだろうといわれているのです。しかし、性能向上によって使い勝手が悪くなってはユーザーの心が離れる危険性もありますので、どのようなやり方にするのかはアップル社に期待するしかないようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ