おサイフケータイにも対応予定?iPhone8の噂を探る

iPhoneシリーズにかぎらず、携帯端末は今や財布としての機能がメインになりつつあります。日本国内での電子決済の状況を見ても、iPhone8においておサイフケータイへの完全対応が行われるのはある意味で必然であり、時代の流れを的確にとらえた決断と見ることができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のおサイフケータイにはどのような特徴があるか

クラウドサーバー上で個別の決済データを管理する点で、iPhone8のおサイフケータイシステムには特徴があります。これはすなわち端末本体にはカード情報を記録しないということであり、端末に直接カードを取り込むandroidのおサイフケータイとはこの点でも大きな違いがあります。iPhoneシリーズのおサイフケータイはどちらかというと、クレジット決済のほうに特化している印象があります。android端末にクレジット機能をもたせる場合は、一度クレジット会社に連絡し、物理的な登録番号を書面のかたちで送ってもらう必要がありますが、iPhoneではそのような手続きは必要なく、すべてを端末操作によってオンライン上で完結させられるため、忙しいユーザーにとっては非常に大きなメリットにつながります。

おサイフケータイの利便性

おサイフケータイはもはや日本国内ではなくてはならない機能のひとつとなっています。iPhoneシリーズでもその実装が強く望まれながら結局、iPhone7まで正式採用は見送られてきました。おサイフケータイに対するAppleの態度はまさに「見向きもしなかった」という表現がぴったりくるほど冷淡なもので、なぜここまでおサイフケータイに背を向けるのかユーザーの間でも長らく不思議に思われてきました。携帯端末の多機能化は日本だけに見られる現象で、世界標準にはおサイフケータイがふくまれていないことから、Appleの対応のほうがむしろ自然だとする声さえありました。しかし、そんなAppleもiPhone7からはおサイフケータイに対応し、iPhone8ではほぼ全種類の電子マネー決済を可能にすることを考えると、とうとう時代の流れに合わせざるを得なくなったというのが本音なのかもしれません。

iPhone7から実装されているおサイフケータイ。最新モデルではさらにその機能が強化すると見られており、「ついにきたか!」と喜んでいるユーザーも多いようです。iPhoneのおサイフケータイはクレジット決済が便利で、androidのようにクレジット会社からの書面を待たなくてもオンライン上ですべてが完結させられるため登録に時間がかからず、万全のセキュリティシステムによって個人情報も完璧に守られます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ