【遅い時にぜひ!】iPhone8他、全機種で使えるメモリ解放法

iPhone8を長く使っていると必ず、起動が遅くなったり、アプリが正常に動作しなくなったりします。あまり極端な場合にはショップでのメンテナンスという方法もありますが、メモリ解放によって解決できるトラブルも少なくありません。iPhone8で手軽にメモリ解放を行い、端末の動作を軽くする方法についてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

そもそも、iPhone8はなぜ遅くなるのか

iPhone8が遅くなる原因としては、アプリ、故障、経年劣化などがあります。iPhone8ではデフォルトの状態でもいくつかのバックグラウンドアプリが動いている場合があり、それが原因でiPhone8が遅くなることがあります。そのようなケースではアプリケーションの設定から使わないバックグラウンドアプリを終了させることでメモリ容量に余裕が生まれ、新品のようにサクサク動くようになる場合があります。バックグラウンドアプリを整理しても動作問題が改善しない場合はウィルス感染の可能性が疑われます。動作が明らかに不安定だったり、異常なメッセージが表示されたりする場合はまずウィルス感染を考え、セキュリティチェックを検討してみましょう。

メモリ解放でも改善しなかったら……

iPhone8のメモリ解放は、設定画面からの簡単操作で行うことができます。メモリ解放によって端末の空き容量が整理されるため、たいていの場合はこの方法で動作問題が改善されると考えられますが、それでも改善されない場合はインストールしているアプリをいったんすべてアンインストールし、再起動後にまた入れ直すという方法があります。この方法でもまだiPhone8が遅い場合は、最終手段として端末の設定自体を購入前の状態にリセットすることで解決できることがありますが、アプリを安易にアンインストールするともとに戻せなくなることがあり、重要なデータまで消えてしまう可能性があるため慣れないうちはショップで解決してもらったほうが確実かもしれません。正常に動作していても使っていくうちにプログラムの細かい断片などが積み重なりメモリが圧迫される場合があるため、定期的にメモリ解放を行うことをおすすめします。

動作が不安定なiPhone8でも、定期的にメモリ解放を行えば新品の頃のように快適に動くようになります。端末の動作が遅くなるのはプログラムの断片が積み重なってメモリを圧迫することがおもな原因であり、こまめにメモリをクリーンアップすることで動作が安定するケースが少なくありません。メモリ解放を繰り返しても問題が解決しない場合は端末のリセットなど、より根本的な対処を行いましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ