【Apple】iPhone8で実装予定のmicro LEDとは

iPhone8はiPhone登場10周年の2017年に満を持して登場すると、もっぱらな噂なのでまだまだ隠し玉を用意しているといわれております。その隠し玉の一つが実装予定という噂もあるmicro LEDです。今回はこのiPhone8に搭載されるかもしれないmicro LEDについて詳しく解説します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

次世代のディスプレイとなるmicro LEDディスプレイ

iPhone8の大きな魅力となるのが美しく表示されることになるディスプレイです。その部分にはOLED(有機EL)ディスプレイが搭載されるというのが一番有力視されている部分ではありますが、その一歩先の機能となるmicro LEDディスプレイの開発をマイクロソフトは進めているので今回のiPhone8に間に合わせるのではないかといわれているのです。

このmicro LEDとはディスプレイの個々のピクセルに小さなLEDを高密度にぎっしりと詰め込んで作られ、素子そのものをLEDで発光させる技術となっているため利点が大きいのです。このように記載するとわかりにくいと思いますが、バックライトによって映し出される液晶ディスプレイとは違いピクセルそのものが発行する性質があるので非常にきれいに映るようになり、色むらがなくなります。

そして、新たに発売されるiPhone8には有機ELではなくこのmicro LEDが搭載される可能性があるといわれているということをよく覚えておきましょう。

iPhone8にmicro LEDが搭載されたらどうなる?

もし、iPhone8にこのmicro LEDが搭載された場合、有機ELよりも消費電力が少ない次世代ディスプレイ技術の導入となりますので、有機ELを生産している会社側からすると大ダメージとなるでしょう。実際に関連銘柄としてあげられている有機EL関連の会社は戦々恐々としているはずです。

しかし、アップル側はiPhone7のときに、防水機能を付けたことで期待に熱がこもるというトラブルに悪戦苦闘していたので、このmicro LEDを搭載したいという考え方は納得できます。製造コストが低く軽量化が可能という利点もありますが、なにより消費電力が少なくて済むので、バッテリーにかかる負担が軽くなり熱の対処が楽になるという話があるのです。

アップル社は昔と違って主要部品を自前で開発する傾向にありますのでこの噂も実はかなり信ぴょう性が高いといわれているのです。実際に有機ELの供給能力が最も高い会社とはライバル関係にありますので、依存度を下げたいという考え方は非常に理解ができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ