期待大!iPhone8のTrueToneディスプレイ採用

iPhone8にまつわる情報の中にはディスプレイに関するものもいろいろとあり、そのひとつに、「True Tone」のディスプレイが採用されるらしいというものがあります。True Toneとなどんなものか、ウワサの元は何かなどを解説します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

True Toneとはどんなもの?

True Toneには、ディスプレイ上の色彩をより自然に近い色合いにすることで環境によるディスプレイの見え方の違いを調整する働きがあります。こうすることで、自分が今見ている映像を他の人にも大きな誤差が生じることなく見てもらいやすくなると期待できるのです。

紙に印刷されたきれいな写真をイメージするとわかりやすいですが、そのくらい美しい映像を見られるようになるのがTrue Toneのディスプレイです。昼の光と夕方の光の下で見るとディスプレイのカラーに違いが出てきやすいものですが、それの差を防ぎいつでも同じように見られることが可能になります。

iPhone8搭載機能と合わせてより使いやすく

True Toneが採用されることにより、搭載予定の有機ELディスプレイとの組み合わせでさらに美しくきれいな画面を作り出すことができるでしょう。すると、仮想現実と拡張現実を合わせたMRの世界もより鮮明でリアルに楽しめるようになると予測されます。むしろ、MRの世界をしっかりと体験して楽しんでもらうためにはTrue Toneのような調整機能のあるディスプレイは必須と言えるのではないでしょうか?

今のところTrue ToneはiPad Proのみに採用されているので、初のスマホ搭載となるiPhone8にはますます需要が高まりそうです。ちなみにiPad Pro搭載の反射防止コーティング・広色域ディスプレイもあわせて採用されるかどうかはまだわかっていません。

例えば、昼の光や夜の光のような、環境の影響によるディスプレイ画面の見え方の違いを調整してくれるTrue ToneがiPhone8に採用される可能性があると言われています。既に搭載されているiPad Proで好評であることから、スマホでは初の搭載となるiPhone8でも期待が高まりそうです。

さらにTrue Toneと有機ELディスプレイの組み合わせによって、一層美しくきれいな映像を楽しむことができるようになるでしょう。この画面で見るMRにもますますリアリティと楽しさを期待したくなるものです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ