iPhone8で実装?噂の「ベゼルフリー」画像が薄すぎる!

iPhone8の予想の中で、ベゼルフリーというものがあります。iPhone8の機能や本体を予想する上で欠かせないものとなっています。予想されるiPhone8の本体で、ベゼルフリーの画像についてもサイトで発表されています。その画像は、本体が薄いという特徴がみられました。どこが薄いのか、ベゼルフリーの点から考えていきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ベゼルフリーとは何か

iPhone8を予想するときには、頻繁に「ベゼルフリー」という言葉が出てきます。これはいったい何なのでしょうか。「ベゼル」というのは「枠」あるいは「額縁」という意味です。それが「フリー」つまり「ない」ということです。「ベゼルフリー」とは「枠・額縁がない」という意味になります。枠がない、ということは画面が本体全域に渡って占めているというものです。ベゼルフリーを採用することで、AR機能という拡張現実の世界が広がるというわけです。これで何が起こるのかというと、現実の世界とiPhone8の画面の背景とがつながるというか一体化するということです。現実世界なのに、現実でないものが入りこんできているのです。

ベゼルフリーとホームボタン

iPhone8では、ホームボタンがなくなりました。なくなったといっても、画面の外にはなくなったということです。ホームボタンは、画面の内側に入ったという意味です。今までのiPhoneでは、ホームボタンは画面の外にありました。なので、本体の大きさよりも画面の大きさはひとまわり小さくなっていました。iPhone8でベゼルフリーになることで、画面の大きさと本体の大きさは、同じです。また、ホームボタンが画面にはいることで、ボタン分の厚みが必要なくなり、本体はより薄くなったというわけです。

充電方式の変化

iPhone8では、充電も変わる予想です。今までは、本体をコードにつないで充電していたのが、ワイヤレスになるということです。充電器の上に置くと自動的に充電されるというわけです。さらに、iPhone8では、Lightningポートがなくなるそうです。そのかわりにUSB-Cポートができて、パソコンからも充電できるようになるということです。このポートが変化することでも、ベゼルフリーでiPhone8の本体が薄くなるものと予想されています。

iPhone8では、iPhoneで初めてのベゼルフリーになるということです。自然の背景と同化しつつある電話という機械の中の風景とは、なんともいえず興味深い場面です。そして、本体が薄いというのも、持ち歩いて使う点では、とても魅力的です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ