10周年を記念してiPhone8は大幅変更の可能性アリ

2017年はiPhoneが発売されてから10周年というメモリアルイヤーです。そのため、従来にはない新しいモデルの投入が期待されています。そのApple社のiPhone発売10周年を記念してiPhone7sもしくはiPhone8に相当するモデルが発売されると予想されています。最新機種の素晴らしい機能について知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8モデルはこう変わる?

iPhoneの10周年を記念して発売されるのではないかと言われているiPhone8は従来のiPhone7やiPhone7sと大きく違ってきます。まず、全画面ディスプレイが採用されると言われています。画面のふちがなくなっており、全画面ガラス張りでスタイリッシュなデザインです。さらに、背面や側面にも液晶画面が出てくるのではないかと予想する人もいます。TouchIDが背面や側面に移動すると、ケースのデザインも大きく変化するでしょう。ほかにも、防水性が向上すると思われます。水に少しくらいつけてしまっても壊れることもないですし、プールなどでもiPhoneを楽しめるかもしれません。

知られざる充電機能?ワイヤレスで充電可能に?

新たに発売されるiPhone8については、ワイヤレスで充電することができることが特筆すべき機能です。というのも、iPhoneを充電しながら使うには場所を限定されたりしてやや不便です。しかしながら、iPhone8では遠距離ワイヤレス充電が検討されています。Wi-Fiに接続するのと同じ感覚で充電することができます。そのため、部屋にいながらゴロゴロしながら充電できます。充電器を使いながら充電する、という手間から解放されます。

iPhoneのディスプレイに有機ELが採用

iPhone8からは、従来の液晶とは違って、画面に有機ELが採用されると思われています。iPhone自体の軽量化を実現していますし、有機ELは消費電力が少ないためバッテリーの持ちがよくなります。それにもかかわらずiPhoneの軽量化も実現してくれます。画面を有機ELにすることで、画質を向上させることが可能です。暗い色の再現性が上がったり、写真の画質が良くなったりするでしょう。動画も鮮明にみられるようになります。

iPhone8には、有機ELの採用やワイヤレス充電、防水性の向上や全画面ディスプレイなど技術的に大きな変化が予想されます。2017年はiPhone10周年ですので、最新機種が発売されると予想されます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ