iPhone8、ディスプレイや筐体に新素材を採用か

2017年に発売されるiPhone8ですが、iPhone7で使われていた素材を変更した筐体を用いる可能性が高いです。2017年は初代iPhoneの発売から10周年を記念する年なので、Appleもかなり気合いを入れているみたいですね。今までのものと違い前情報もかなり出ているので、現在判明しているiPhoneの変化について見ていきたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのディスプレイの変遷

まずデザインについてですが、こちらはほとんど変更がないとの情報です。ほぼiPhone7のデザインをベースにして素材を変えることで、イメージを刷新するとの考えのようです。iPhone4まではサイズを薄く、小さくすることで新世代のスマホとして注目を浴びていましたが、iPhone5からはサイズを少し大きくする代わりに薄さはより薄く、といった方向性にシフトしてきました。少し前のシリーズではどちらかというとぽっちゃり体型のスマホだったのですが、他のメーカーのものと比べるとかなりスマートなものに変わってきています。重量の軽量化も含めてよりオシャレなスマホとして地位を確立しています。

どんな素材が使われる?

素材に関しての変化ですが、iPhone7までのアルミ素材の筐体から変更し、iPhone4sなどで好評だったガラス素材の筐体に変更するようです。さらに、ディスプレイに関しては、今までの通常の液晶(LCD)であるものから有機ELディスプレイ(OLED)に大きく変化させるという情報が出ています。これは以前のシリーズから言われていてなかなか実装されることはなかったのですが、遂に準備が整った、ということみたいです。これによって大きな変更が行われ新生iPhoneが誕生するのでは、と期待されています。有機ELに変更することでより薄く、軽くが可能になるとみられています。コスト面もより低価格になるかもしれません。

強度はどう?

強度に関しては、iPhone4sを使っていた方はガラス素材の筐体と聞いて不安を覚えるかもしれません。当時は、ちょっと落としただけでも傷がついたりでディスプレイが割れたりしていました。しかし、現在ではガラス自体の強度が大きく向上しており、強度面の心配はないと言われています。最も有力な説としてはダイヤモンドの次に硬いサファイヤをガラス状に加工した、サファイヤガラスを使うというものや、他にはゴリラガラス5という1.6mの高さから落としても8割は無事というお化けガラスを使用するというものがあります。どちらにせよ強度面の心配はありません。

iPhone8は10週年ということだけあって、大きな変化を遂げるようです。見かけのデザインは変わりませんが、これも新たなiPhone製造のための布石なのかもしれません。有機ELは普通の液晶よりも加工の余地がまだまだありますし、新生iPhoneの土台となるものがiPhone8になるのかもしれません。愛用者には試してみる価値がある一品ですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ