iPhone8に搭載されるレ-ザーキーボードとは?

iPhone8には、今までになかった新機能が続々搭載されると予想されていますが、その一つがレーザーキーボードです。レーザーでキーボードが投影され、そのキーボードをタッチするだけで入力ができてしまうという近未来的なものです。レーザーキーボードについてしておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

レーザーキーボードってどのようなもの?

iPhone8に搭載されると言われているレーザーキーボードとは、レーザーでキーボードが投影され、それを押すだけで入力できるという近未来の機能です。特にiPhoneをはじめとするスマートフォンは、キーボードを持たないモバイルデバイスですので、普段パソコンを使っているなどキーボード入力に慣れている人にとってはビジネスなどに使いにくい側面がありました。レーザーキーボードであれば、いつでもどこでもパソコンのように入力できますのでより活用の幅が広くなると予測されています。

レーザーキーボードでボディが折り畳み式に?

レーザーキーボードとはレーザーでキーボードをうつしてそれを押すという機能でありiPhone8に搭載すると言われています。iPhone8の端末はそれに伴い、折り畳み式になるのではないかともいわれています。折り畳み式のiPhoneであれば、使わない下半分の部分にキーボードを投影して使うことができるという利点もあるからです。そうなると、iPhoneがよりパソコンのように使用できますし、キーボードを持ち歩くという手間からも解放されます。iPhone8のボディが折り畳み式になれば、よりパソコンに近くなるだけでなく、落下時のダメージなどから画面も守れるメリットもあります。

レーザーキーボードのメリットは?

iPhone8に搭載されるレーザーキーボードのメリットはやはり小型化、軽量化を図れることです。レーザーですのでほとんど重さを上乗せすることなく、キーボード機能を搭載することができます。もちろん押したという実感がないというデメリットもありましたが、このようなデメリットは技術開発で克服できています。ブラインドタッチを極めている人にとっては慣れるとより使いやすいでしょう。滑るように滑らかに入力することで文字が投影されますので、体力的な消耗もありません。

iPhone8にはレーザーキーボードが投入されるのではないかと言われています。レーザーキーボードを搭載することによって折り畳み式に原点回帰する可能性もあります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ