iPhone8の防水性能は、どれくらいすごいの?

最近は当たり前のようになってきた防水機能。今回のiPhone8はiPhone7と比べて、防水機能はどれくらい向上しているのでしょうか。雨の中に電話する人もいるでしょうし、防水機能については気になってしまいますよね。今回はiPhone8の防水機能について、ご紹介させて頂きます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

最高級のIP68を搭載!

iPhone8では、現時点で最高基準のIP67が搭載される可能性が高いようです。ちなみにこの数字は67ではなく、6と7で別れているんです。6は防塵等級で粉塵が内部に侵入しないことを表し、7は防水等級を示していて既定の圧力や時間で水中に浸っていても壊れないことを表しています。しかし数字で言われてもピンときませんよね。簡単に言えば、水深1メートルの中に30分間浸していても問題ないということです。此方の説明だと、このIP67がいかにすごいかがわかると思います。しかし、今回iPhone8ではそれを更に超えたIP68が搭載されるという情報が出ています。

実際に落とすことはなくても安心

IP68では水深1.5メートルのところに30分浸していても問題ないレベルと言われています。実際に30分間も水の中に落とすなんて、よほどのことがない限りはないでしょう。しかし、そういった場合でも「大丈夫」というシステムが組み込まれていれば、ユーザーとしても安心してiPhone8を使うことができますよね。iPhone7以上の防水機能がありますので、今後、iPhoneの新しいバージョンが発売されるたびに安全度はあがっていくかもしれませんね。

これは注意!浸水における故障は対象外!

いくら防水機能がばっちりでも、絶対に大丈夫とは言えません。30分以上浸水させてしまっていた、何らかの不具合で規定の時間より早く壊れた場合など、絶対とは言えないのですが、浸水による故障は保証の対象外なのでご注意ください。中にはシャワーを浴びながらiPhoneを使う画像などもSNSにはあがっていた時もあったようですが、防水機能は万全であえるとはいえ、絶対保護ではないので注意しましょう。

今回はiPhone8の防水機能についてご紹介させて頂きました。過去の携帯電話では防水や防塵は当たり前ではなかったのですが、近年のスマートフォンやiPhoneでは防水・防塵が当たり前のように言われています。しかもその性能をおごり、わざと故障の原因になるようなことをする人まで出てくるので、いくら大丈夫だと言われても、その機能を過信しないようにしましょう。壊れてからでは遅いのですからね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ