iPhone8本体デザインは角ばり?それともウォータードロップ?

少しずつ変化を見せるiPhoneシリーズは、次回発売のiPhone8のデザインも気になるところです。iPhone8の場合は角ばりかウォータードロップか、どちらのタイプに近いのでしょうか?ウワサを元に検証してみます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ウォータードロップが有力らしい

韓国での情報によると、iPhone8は10年前に発売されたオリジナルのiPhoneと似たデザインになることが有力といわれています。当時のデザインは角がなくなめらかなウォータードロップ設計が特徴でした。

ちょうどiPhone発売より10年という節目の年でもあるので、改めて初心に還るという意味も考えられるのではないでしょうか?機能は一新しつつ、デザインは初めに近い形にするとなればまさに記念となる年にはふさわしいものとなることでしょう。

どんなデザイン?

初代iPhoneのデザインのウォータードロップは、角張っておらずゆったりなめらかな曲線が魅力のデザインでした。背面も同じようななめらかな角になるので手にもなじみやすい設計ではないでしょうか?

iPhone8の場合、ベゼルレスによりディスプレイがサイドまで広がってくることを考えると角ばりのないウォータードロップ設計はより適したデザインと言えそうです。このことからも、ウォータードロップが選ばれる可能性は高いでしょう。

その他の予測としては、背面はやや角ばりがあるなどのウワサもあるので、全体的になめらかさのあるデザインになるとは限らないでしょう。しかしディスプレイのベゼルレスの可能性が高いことから、前面についてはやはり角のなめらかなデザインになることが予想されます。

今までのiPhoneにはないものに

初代iPhoneへと原点回帰したデザインを採用しつつ、前面は曲面ディスプレイの可能性もあることから全体的にセンターから左右へ流れていくようなデザインになるかもしれません。このデザインになればこれまでのiPhoneとは大きく違ったものになるでしょう。

iPhone10周年という記念の年であることから、iPhone8のデザインは初代iPhoneと同じウォータードロップを採用される可能性が高いと言われています。全体的な角がなめらかな形になるという説の他にも、背面は角張ったものになるという説もあり、今のところはっきりしていません。それに曲面ディスプレイが採用になる可能性も高いことから、前面はサイドまで流れるようななめらかな局面になることも予測されます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ