iPhone8にフィルムを貼るときのコツ

iPhoneで意外と苦労するのが、フィルム貼りです。これはスマートフォンでも同じなのですが、僅かにズレただけでもがっかりしますよね。今回はiPhone8のフィルム貼りについて、軽くご説明させて頂きます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

専用のフィルムが出るのは、ほぼ確定?

iPhone8は今までにないデザインとなっていて、過去に発売されたiPhoneのフィルムを使うことは、恐らく難しいでしょう。その理由がiPhone8では画面の範囲が大きく変わる可能性が高いからです。有機ELを搭載されると言われているiPhone8ですが、曲がったところでも画面になる便利なものなのです。まだ本体画像などは、はっきりされていませんが本体の横側も画面になる可能性が高いと言われていますね。もし、横側も画面になった場合、従来のフィルムでは役に立たないので、専用の新しいフィルムが販売されることが濃厚と言われているのです。

フィルムを貼るときのコツは?

もし、横側も画面になるというものが実装された場合、フィルムを上手く貼るコツは最初から情報は出ないのではないでしょうか。現時点でも上手く貼るコツはわかっていませんので、こちらについては回答ができないのです。

各種メーカーも大忙し?

iPhoneだけに限らず、スマートフォンなどでも新しい機種が出るたびに専用アクセサリーは必ず同時に販売されます。しかしiPhone8については、まだまだ不透明な部分が多いので、アクセサリーを作る企業も迂闊に着手できないのが本音でしょう。フライングして作ったとしても、本当にそれがiPhone8にピッタリになるのか、それは企業側にはわからないからです。また、現時点で明確な情報は出ていないので、各種企業も今は様子見という所でしょう。初めてiPhoneが発売された時は、専用ケースなどを作る会社が、実物を購入して使って見たら少しだけサイズが合わなかった、などメディアを賑わせていましたよね。同じ轍を踏むわけにはいかないでしょうから、はっきりとした情報が出てからがアクセサリー企業の本領発揮となりそうです。

今回はiPhone8のフィルムについて、ご説明させて頂きましたがいかがでしたか?まだまだ情報が少なく、様子見の部分が多いので、はっきりとしたことは言えません。特に今回は画面で大きな変化があると予想されていることから、発売されるフィルムも今までとは変わったものになるでしょう。どちらにしても、iPhone10周年という記念すべき年ですから、何らかの動きはあると見られ、今度もiPhone8の情報から目が離せません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ