iPhone8で採用予定のCPU A11とは…速い?遅い?

iPhone8ではこれまで以上に機能も増え、さらに環境も変わっていくと考えられます。そんな中で注目されるのが、搭載されるCPUのスペックです。iPhone8ではCPU A11が採用されるのではと予想されています。このCPU A11はどんなものなのでしょうか。また、速いのか遅いのかについて紹介しましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

CPU A11とは?

最近ではスマホの機能がどんどん多様化しつつあります。そしてCPUのスペックも、iPhoneの進化とともに上がってきています。iPhone7に搭載されているのがCPUのA10です。このA10の処理速度は、iPhone6sと比較すると約1.3~1.4倍、iPhone6から比較するとなんと2倍以上にも上ると言われています。これまで反応が遅いと思って使用していた方も、動作の重さにストレスを抱えることは少なくなるでしょう。そんなCPU A10のさらにワンランク上となるのが、CPU A11です。

CPU A11はどれくらい速いの?

スペックを見るために、スコアで比較してみましょう。これまでiPhone7で採用されていたA10の場合、シングルスコアが3300、マルチスコアが5500程度と言われています。一方で、iPhone8で採用されるだろうと予想されているA11の場合、シングルコア4300~4600、マルチスコアが7000~8500程度となると言われています。先ほども紹介した通り、iPhone7でもiPhone6sに比べて約1.3倍以上もの処理速度アップがありましたから、それを考えるとかなりの処理速度になることがわかるでしょう。もちろん、処理速度が上がるのと同時に機能も増えるだろうと考えられますが、それを補えるだけのスペックは十分にあるだろうと予測されます。

高性能化し続けるiPhone

これまでも進化を続けてきたiPhoneですが、今回このCPU A11が採用されることによって、さらに高性能化することは間違いないでしょう。多機能になった分、処理速度もどんどん上がり続けているので、ストレスを感じることなく快適に利用できると思います。実際に採用されるかどうかは確定ではありませんが、既に台湾にて量産が開始されたという情報もあったことから、次に販売されるiPhoneで使われることは間違いないだろうという意見が多く見られます。

ここまで紹介した通り、CPU A11は非常にハイスペックであり、実際に採用されればこれまで以上に快適にiPhoneを楽しむことができるでしょう。今のところiPhone8に採用される可能性も高いと考えられるため、発売まで期待しておきたいところです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ