iPhone8の接続周りがまた変わる?Lightning廃止?

iPhone8の接続まわりは、iPhone7と比べて大きな変化があります。iPhone7ではイヤホンジャックが廃止されたのが大きな変化でしたが、iPhone8でも、Lightning端子が廃止されて、別の端子であるUSB Type-Cを採用するという意見もあります。iPhone8の端子周りがどのように変わるのか、考えてみるとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7での端子周りの変化

iPhone7ですら大きな端子周りの変化がありました。iPhoneと有線イヤホンの接続という役割を担っていた、イヤホンジャックが廃止されたことです。そのため、音楽を聴くのであれば、Lightning端子対応イヤホンをつなぐか、Bluetooth対応のイヤホンを使わなくてはなりません。iPhone7では、防水性能を上げるためにイヤホンジャックを廃止しました。iPhone8でもiPhone7を上回る防水性能を持っていますので、同じようにイヤホンジャックは廃止されるでしょう。

ほかにもある、iPhone8の接続回りの変化とは

iPhone8の接続回りの変化としては、イヤホンジャックのほかにLightning端子が廃止されるという見込みが高まっています。従来のiPhoneに搭載されているLightning端子は廃止され、そしてより汎用性の高いUSB Type-Cを採用するという噂になっています。そのほかにも、全画面ディスプレイを採用していますので、接続にかかわる部品は、側面に取り付けられることが濃厚になっています。このように、iPhone8においては接続回りが少し変化するように思えます。

さらに進む、iPhone8のワイヤレス化

iPhone7の大きな変化としては、イヤホンジャックが廃止されたため、有線のイヤホンを使う人はLightning端子対応のイヤホンを使用する必要がありました。そうすると、iPhoneを充電しながらイヤホンを使うということができなくなります。iPhone8でもイヤホンジャックは廃止されますが、一方でワイヤレス充電機能があります。そのため、部屋に居ながらにして充電することができ、充電まわりの接続についても変化するのではないかと思われています。

iPhone8ではLightning端子が廃止され、かわりにApple社で汎用的なUSB Type-Cを採用することや、イヤホンジャックは引き続き廃止されるなどといった接続回りの変化があります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ