【速度面はどう変わる?】iPhone8のスペック周りを徹底検証!

現在発売されているiPhone7からiPhone8に変わるには、いろいろな変化があります。iPhone8はiPhone7に比べてスペックが著しく向上しますが、そのなかでiPhone8の処理速度が着目されています。iPhone8の処理速度について予測してみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneなどスマートフォンの速度の意味

スマートフォンに限らずパソコンなどデータの通信方法の速度については、マルチモードとシングルモードという2種類があります。シングルモードは、単一の反射角を利用する伝送方法であり、1種類の波のみを運ぶので信号にひずみが出にくい特徴があります。一方でマルチモードは、複数の角度を持つ伝送派を同時に取り扱いますが、コアの直径が大きいのでいろいろな接続機器、安価な接続機器にも対応できます。いずれにせよ、マルチモードとシングルモードの数字が高いほど、処理速度が速いと言えます。

驚くべきiPhone8の処理速度について

現在販売されているiPhone7の処理速度が、シングルモードで3429、マルチモードで5534です。これでも十分に早いのですが、新たに発売されるiPhone8では、シングルモードが4537、マルチモードが8975という数字が挙げられます。マルチモードについては、50パーセント以上速度が速くなっているため、ますますサクサクとスマートフォンが動くことになります。

処理速度の速さで定評のあるiPhone

これまで見たことがないくらい速い速度をたたき出しているiPhone8に限らず、iPhoneは昔から処理速度の速さで定評があるスマートフォンでした、他社のスマートフォンでは、現在の最新機種でもシングルモードで2000を切るくらいの数字です。そのため、iPhone8は現在の最高水準のレベルを実現しているのです。iPhone8については他にも、有機ELディスプレイやワイヤレス充電機能、本格的な3D搭載などスマートフォンの最高技術を結集したものになると思われています。

iPhone8の速度としては、他社のスマートフォンはもちそんのこと、iPhone7を大幅に上回る速度であると予想されています。iPhone8は、スマートフォンの速度の基準である、マルチモードとシングルモードについてどちらもiPhone7を上回っており、なかでもマルチモードの速度は相当改善されています。利便性の向上が期待されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ