iPhone8は液晶ではなくOLEDを採用

iPhone8では、まったく新しい機種にフルモデルチェンジされると言われており、その一つが画面に液晶ではなく、OLED:すなわち有機ELディスプレイを採用することです。有機ELディスプレイとは何なのか知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7のディスプレイはどんなものだった?

iPhone7はもともと、モバイル向けの液晶ディスプレイとしては最強のものを採用していると言われていました。ディスプレイサイズと解像度こそ、iPhone6やiPhone6sと同じでしたが、ディスプレイの強度は今まで最高と言われていました。色が反射しにくく正確さには定評があったのです。ですが、現在開発されているiPhone8では、さらに薄型化や軽量化を実現するためにOLEDを採用すると言われています。

iPhone8で採用されるOLEDとはどのようなもの?

iPhone8に採用されると言われるのが、今まで液晶とは全く違う有機ELディスプレイです。この有機ELディスプレイのことは、Organic light-Emitting Diode、略してOLEDといいます。これは、液晶ディスプレイにおいてバックライトみたいな光源は必要ありませんので、高い省エネルギー性を持ちます。有機ELとはそもそも、2つの電極に挟まれた発光層に電流を流すことで、放電をするものであり、技術が進んできたことによりいよいよiPhoneに搭載が可能になったものなのです。

OLEDの機能の優れているところとは?

OLED,すなわち有機ELディスプレイの優れているところはたくさんあります。発光をするのにあまり電気を使わないので省エネルギー性が高く、また流す電流により発行の強弱を制御できますので、画素ごとのコントラストが高く、また電流の流れない部分はリアルな黒に近づくので画面の黒浮きがなく美しいのです。そして、薄さも大きなメリットの一つであり、iPhone8においては薄さ4ミリを実現できるのでは?ともいわれています。そのため、OLEDとは期待されている新技術の一つなのです。価格が高くなるという欠点はありますが、現在では大量生産体制を整えてコストを抑える努力をしているともいわれています。

iPhone8においては、画面のディスプレイに今までのような液晶ではなく、新たな素材であるOLED,すなわち有機ELディスプレイが採用されます。このあめ、薄さはもちろんのことバッテリーも長持ちするようになります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ