iphone8に搭載されている「A11 Fusion」チップとは

iPhoneに搭載されているプロセッサは、10nmのプロセスルールを採用したA11Fusionチップが理想になります。これは、密度を高くして性能を向上させることであり、この搭載によって機能の向上が期待されます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8に採用されているA11Fusionチップとは?

iPhoneにはプロセッサと呼ばれるチップが搭載されており端末を小型化しています。そのなかでiPhone8に搭載されるプロセッサは、A11Fusionチップと呼ばれており、iPhone7に搭載されているプロセッサよりもさらに小型化されています。A11Fusionチップは、基盤を小型化しており、そして小型化を可能にするInFO技術を適用しています。iPhone8はその技術の適応によってより薄型化することができます。

iPhone8のA11Fusionチップの優れているところは?

iPhone8に搭載されているプロセッサは10nmという小さなプロセスルールでありながらも、密度は高くて機能は充実しています。A11Fusionチップは、省電力コアを組み合わせていますので、性能が向上しているものの電池の消費量は少なくて済みます。バッテリー容量も増えるからです。iPhone8は、機能が充実しているだけでなく今までのiPhoneと比べて電池の持ちがよくなりますので、内部部品からもそのバージョンアップがみられるでしょう。

iPhone8がA11Fusionチップを採用するのは本当?

iPhone8は2017年の秋か冬にリリースされる新機種であると言われています。なぜなら、かなり確実性の高い情報として、iPhoneに内蔵されているというA11Fusionチップを台湾で製造できるようになったという話があるくらいです。A11Fusionチップを搭載することで、iPhoneの操作性は上がると考えられますので、iPhone8は外見だけでなく内面もフルモデルチェンジしたといえるでしょう。

iPhone8には内部にプロセッサが搭載されており、iPhone8で採用されるプロセッサはA11Fusionチップであろうといわれています。基盤を小型化するなどしてiPhone端末の薄型化に成功しているからです。有機ELディスプレイとA11FusionチップによりiPhoneの機能性も上がっており、今後発売されるiPhone8のさらなる小型化を実現しています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ