iPhone8にタップ起動搭載か?

iPhone8はiPhone7からデザイン面においても大きくチェンジされており、特にガラス面の美しい全画面ディスプレイが特徴的です。ホームボタンは廃止されますが、かわりにタップ起動に対応しており、画面をタップするだけで簡単に起動できることが特色です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8に搭載されるタップ起動

iPhone8から搭載されると考えられるタップ起動とは、文字通りスクリーンをタップするだけでiPhoneが起動できたり、通知内容をプレビューできるという機能です。起動はもちろんのこと、ロックや消音、ボリュームやシェイクなどがタップ操作だけでできるというか画期的な機能です。今までは一度ホームボタンに戻ってから操作しないといけない機能についても、スクリーンを触るだけでできる画期的な機能であり、iPhone8の目玉機能の一つになると予想されています。

iPhone8にタップ機能が搭載される理由

iPhone8にタップ機能が搭載されると言われる理由の一つに、ホームボタンの廃止が挙げられます。iPhone8は端末を大きくせずにより大きな画面で見ることができる全画面スクリーンを採用すると思われています。ホームボタンを廃止することで画面に淵がなく、流線型のフォルムで前面すべてが画面となるため、すべてを画面をタップして行うことになります。そのメイン機能としてタップするだけで端末が起動するタップ機能が挙げられます。

iPhone8に搭載されるタップ機能は?

今までのiPhone7にも、端末を持ち上げてiPhoneを起動する機能はありました。それは、iPhoneのOSであるiOS10から搭載されている機能である、持ち上げて起動する機能です。しかしながら、タップして起動は、持ち上げることなく片手で画面に触れるだけでiPhoneを起動させることができ便利です。ディスプレイの中には高性能なセンサーが搭載されていますので画面のどこをタップしても起動できるようになるかもしれません。また、指紋認証機能と連動することで、ストレスなくiPhoneを起動できるでしょう。

現在開発されているiPhone8には全画面ディスプレイが採用されますのでホームボタンが廃止されるのではないかと思われています。そのなかで、ディスプレイのどこを触っても起動することができるタップ起動という画期的な機能がiPhone8の目玉の一つになると予想されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ